2004/12/31

3001年 3001:The Final Odyssey

SF作家、アーサー・C・クラークの『3001年終局への旅 ハヤカワ文庫SF』の冒頭で、西暦23世紀にアステロイドが太平洋に落ち、その影響で起こった津波で何百万人という死者が出たという話が出てくる。

今から千年ぐらい先までの間には、そんな災厄があり得るかもしれない。だが、今回のような形で津波被害が起こるとは。振り返ってみれば、リスクは予測できたのかもしれない。

人口増加にともない、各国とも沿岸部の開発が進む。自然な流れなのだろうが、今回のようなリスクは高まるばかりだろう。

小説の中では、大災害後に人類は地球外惑星への移住を始めた、とある。

そういえば、アーサー・C・クラーク本人は、スリランカ(コロンボ?)に住んでいると読んだことがある。ご本人は大丈夫なのか?

At the beginning of novel '3001:The Final Odyssey' on SF writer Arthur C. Clarke. The story that the asteroid drops in the Pacific Ocean, and a huge tsunami happened comes out in 23 century. Several million people' dead are supposed to have gone out there.

Such a disaster might be able to be between ahead in about 1000 since now. However, ..happening of the tidal wave damage shape like this time... The risk might have been predictable if it turned around.

The development of the coast part advances in each country increasing the population. The risk like this time might just rise though it might be a natural flow.

There is a human race in the novel after the catastrophe when the migration to an alien planet was started.

I hear that Arthur C. Clarke himself lived in Sri Lanka (Colombo?). Is the person in question safe?

第六感 six sense

スリランカから、津波による死者が2万4000人に達しているのに対して、象などの野生動物の死体が見当たらないとの報道。動物たちは第六感を発揮していち早く非難したのでは、と報じている。もっとも、科学的な検証がなされているわけではないというコメントも。

There was a report that the corpse of wild animals of the elephant etc. was not found while the dead by the tsunami reached 24,000 people from Sri Lanka. Animals have the sixth sense work and prompt shelter, the article are reported. However, the comment that a scientific verification is not performed is attached, too.

大みそかの雪 Snow of the large last day of the month

関西は朝方からの雨が雪に。ボタボタと降っている。高速道路は軒並み通行止め。帰省は大変だろう。

In Kansai, rain that had begun to be gotten off in the morning changed into the snow. The snow with a large piece has fallen. The expressway is a suspension of traffic across the board. The homecoming might be serious.



snow Posted by Hello

年賀状 New Year's card

数日前から半分ほどプリントしてから放ったまま。やる気なし。今年くらい住所変更の多い年は珍しい。住所録の書き換えが大変。「動く時代」を象徴しているか。

While shot after the half is printed several days ago. Motivation none. The person who changes one's address is more than the ordinary year. It is serious work that rewrites the directory. Does this symbolize "Changing age"?

2004/12/30

清荒神 Kiyoshi Kojin

年が押し迫ったこの時期に宝塚の「清荒神(清澄寺)」へ。神仏習合を色濃く残す「お寺」。地図を見ると、寺(清澄寺)と神社(清荒神)の記号が両方記載されている。共存を自然に受け入れるところが、日本人のDNAの特徴であり、強みか。山を背に「神の後ろ」を見せないところや、せせらぎを伴う立地は伊勢神宮に近い。

参詣客の車が列をなしていてビックリ。沿道では初詣を当て込んだ屋台の準備が真っ盛り。昔ながらの七味屋やたわし屋、乾物屋、金物屋、祭祀具屋などが並んでいて興味深い。ホームページをみると、「最寄り駅から山門まで約200軒並ぶ」とある。

To "Kiyoshi Kojin (Saicho temple)" of Takarazuka at this time when the age approached. "Temple" that leaves color of syncretization of Shinto with Buddhism dark. Both of signs of the temple (Saicho temple) and the Shinto shrine (Kiyoshi Kojin) have been described to study the map. Is it a feature of Japanese DNA, and a strong point naturally accepting that it is both? The location with a brooklet in addition to the temple's having built against the backdrop of the mountain is near Ise Jingu Shrine.

It is surprised because visit to a shrine guest's car is doing the row. The preparation for the stall where the New Year's visit to a shrine was expected is a climax in the route.The seven spices shop, the scourer shop, grocer's shop, the hardware shop, and the festa tool shop, etc. are lining up in the approach to a shrine though it is old times. It is interesting to see them. "About 200 shops queue up to the gate from the closest station to the temple", written in the homepage.


境内にて Posted by Hello

2004/12/29

インド洋津波 Tsunami

現時点で6万7000人の犠牲者という報道。インドネシアといえば、数年前に農業研修で日本に来ていた真面目な青年のことを思い出す。確か自宅は山間部にあると言っていたはず。無事であればいいが。

阪神大震災を経験した者として、この大災害はけっして他人事ではない。日本で同様の災害が起こらない保証はどこにもない。東京に行くたび、神戸で倒壊したのと同じ古い年代のビルが林立している見て、ぞっとすることがある。先日、首都圏の震災予想で死者を1万人程度と見込んでいたようだが、その程度で済むとはとても思えない。

Present report of 67,000 victims. As for Indonesia, a serious young person who had come to Japan by agricultural training several years ago is recalled. It was said that sure home was in the mountainous district. Though it only has to be safe.

As the person who experienced the Great Hanshin Earthquake, this catastrophe is not others thing at all. There is no guarantee in which a similar disaster doesn't happen in Japan anywhere. It is likely to expect that a building of the age that is the same as the collapse in Kobe whenever going to Tokyo and old will stand close together, and to thrill. It doesn't seem to was at all settled with the extent the other day though the dead seem to have been expected about 10,000 people in the earthquake expectation in the metropolitan area.

たらこパスタ Cod roe pasta

おすそ分けの鱈子をあえたパスタ。レモンをかけて、さっぱりした味わいを楽しみました。美味しいものの、つい食べ過ぎになるのと混ぜる具に困るメニューです。

Pasta that dressed cod roe of sharing. After the lemon had been put, it enjoyed a tidy tasting. Though it is delicious,inadvertently eating too much is a difficult point. And, it is a menu embarrassed because there is no material mixed with pasta.


 Posted by Hello

神奈川は雪 snow in Kanagawa

神奈川から初雪の知らせ。年末に積もるほど降るのは珍しいとか。

The notice of first snow of the season arrived from Kanagawa. It is said that coming down, so that snow lies on an end of the year did not have recent years.


snow Posted by Hello

2004/12/28

下仁田ねぎ SHIMONITANEGI

シモニタネギ。すき焼きの必須アイテム。最近、スーパーでちらほら見かけるようになりました。ネギスープにしてもおいしい。

SHIMONITANEGI. The indispensable item of sukiyaki. Recently, it came to see here and there in a supermarket. It is delicious even if it makes it Welsh onion soup.


 Posted by Hello

2004/12/26

チヂミ CHIJIMI


chijimi
Originally uploaded by mashiloo.
ちぢみ。お好み焼きより簡単。次第に作る回数が増えてきました。うちではニラ、玉ねぎ、いかの取り合わせが基本。

チヂミをグーグルで検索するとざっと8万件。お好み焼きの73万件にはかなわないものの、広島焼きの1万数千件をはるかに超える件数。なるほど人気があるわけです。

あっさりしたタレで食べられるところが魅力。消費者のソース離れを予感させます。スーパーではオタフク製のチヂミセット。ソースメーカーが面白いことをしているんです。

Easier than an As-you-like-it pancake "Okonomiyaki". At my home, the number of times which makes this use has increased. Combinations of a scallion, an onion, and a cuttlefish are foundations.
If CHIJIMI is searched with google, 80,000 affairs will come out roughly. Although 730,000 affairs of an As-you-like-it pancake are not suited, it is the number of cases far exceeding 10,000 affairs of the "Hiroshima-yaki". It is popular indeed.
The merit of CHIJIMI is the point of attaching and eating the sauce of the taste carried out frankly. This phenomenon makes a presentiment of a consumer separating from Worcestershire sauce have.
The CHIJIMI set made from OTAFUKU(Worcestershire sauce maker) is discovered in a supermarket. It is carrying out that a sauce maker is interesting.

2004/12/25

キッチンのショールーム The showroom of a built in kitchen unit

システムキッチンのショールームを見学。
しゃれたデザイン、豊富な機能、徹底した品質。

見ていて感じたのは、大人のプレールーム。
料理という遊びをとことん追求したい大人のための
高価なアクションジム。

The showroom of a built in kitchen unit was inspected. The attractive design, abundant quality functioned and put into practice.

It is the grown-up play room.
The expensive action gym for the adult who wants to pursue play called cooking thoroughly.

ビール Beer

最近はビールの地位が下がっているようで。若者はすっかり見放し、中年も最初の乾杯だけ、といった飲酒行動が顕著に。というのも当然で、ビール本来の味を大切にしてこなかったメーカーの責任は見逃せない。

個人的にはサッポロ・黒ラベル。可能な限り指名買い。ところが、最近は店によってはまったく置いていないことも。コンビニ酒店ではまずお目にかからない。レアものでそのうちプレミアがつく?(これがメーカーの戦略か?)

単なる乾杯酒ではなく、ビールを静かに楽しもうとすると、ベルギーのビール。高くて気軽に飲めるものではないが、デュベルやシメイなどに好印象。いまだに「ドライ」の天下ではあるものの、地下水脈では嗜好に変化が起きていると感じている。

日本の地ビールはまだまだ研究不足。安易な参入で評判を落としているのが残念。和歌山で飲んだ地ビールは特に口に合わなかった。

The position of the beer has fallen recently. The young person deserts completely, and the middle age is remarkable of the drinking action only of the first toast. Because the responsibility of the manufacturer that doesn't value a natural, beer original taste cannot be missed.

Personally "Sapporo"brand and it "KURO label" . Nomination purchase. However, not putting at all according to the shop either : recently. It doesn't meet you in the convenience store. Does the premiere attach by the rare item sooner or later? (Is this a strategy of the manufacturer?)

When it enjoys quietly oneself over not mere toast sake but the beer, the beer of Belgium. It is good impression in "Duvel" and "Chimay", etc. though it is not the one that can be readily drunk because it is high. It is felt that the change has occurred to the preference in the underground water pulse though it is still a whole country of "Dry".

The local beer of Japan is still research shortage. Falling into disrepute by the easy entry is regrettable. The local beer drunk in Wakayama was especially unpalatable.

2004/12/24

大阪「一山」 そばではピカイチ Ichiyama

久しぶりに大阪・淀屋橋の「一山(いちやま)」へ。十年以上前から知っている、昔から変わらず美味しいそば屋さん。毎度、香り高いそばを出す努力は並大抵のものではないはず。

「田舎そば」の大盛り、680円は見上げたもの。ゼニを出せばもっとほかにもすごいところがあるのかもしれませんが、この価格でこの味はそう真似ができるものではない。いつも常連で満員なのは当然です。

10人も入れば満員というこぢんまりとした店。拡大志向がないところに好感。味の品質を維持していくのは苦労が多いと思いますが、いつまでもがんばってほしいと思う店の一つです。

「一山」の地図

世界最古?の地図

先日深夜、テレビ(NHK BS?)。3500年前の岩に刻んだ地図を見た。近所の村落の位置を示したものらしい。畑だとか、道が詳しく載っている。雨ざらしにもかかわらず、よく残っていたことだ。丘の中腹にあって、村が一望できるところ。何のために刻んだのか? それとも当時の暇つぶしか、いたずら?

今から3500年後、残るものといえば、膨大な数の磁気ディスクや半導体メモリか。千年後か一万年後、メディアに残っているデータを考証する考古学が流行る。そして、学者の結論。「当時の人の営みは今とほとんど変わっていない」。

記憶媒体はそんなに持たないか。それより人類の方が持たないか。

京都・北山の雪

昨日、琵琶湖の西岸にある峰床山に行った人から積雪していたとの知らせ。暖冬だからと安心して軽装備で出かけていたら、たいへんなことに。京都市街から北に約20km。気象環境がまるで違う。今年の冬山は今まで以上に危険?


京都・峰床山付近Posted by Hello

2004/12/23

年賀状

「大事な風習」といわれているものの形骸化している。肝心の心が抜け落ちている。葬式もまた同じこと。

パエリア Paella

年に二、三回、作ります。たいそうなイメージがありますが、実はそれほどでもない料理です。本格的な作り方は知らないので、我流というかテキトーなところがあります。

パエリアの具としてムール貝がよく使われますが、入手しにくいのと日本ではそれほどおいしいと思わないので、もっぱらアサリを使っています。米はタイ米とかがよい聞きますが、いつも食べている日本の米を使用。こだわらなければ、それで良いと思います。

過熱には電気のホットプレートを使っています。

作るポイントは、水の量と火加減。
まず、オリーブオイルを敷いて、プレートの温度を180度ぐらいに設定。にんにくのみじん切りをいためて、気持ちこんがりしてきたら、玉ねぎのみじん切りを入れていためます。こちらも若干色づいてきたら、水洗いしたおいた米を入れていためます。(水洗いしない方がよいという話も聞きますが…)

米が白っぽくなってきたら、あらかじめ温めておいたスープ(鶏ブイヨン+サフラン+控えめの塩)を入れます。量は米1合に対して200cc。3合ぐらい作る場合は、600ccプラス100ccぐらいが適当。炊く温度は130〜140度。

続いて、トマト缶を一缶分、つぶして入れます。均等に散らしたいなら、ミキサーに軽くかければよいかと。

具はどうするかと言うと、鶏肉、いか、野菜(角切りパプリカ、輪切りピーマン、シメジなどのキノコ)、エビ、アサリの順でそれぞれ別々にオリーブオイルで軽くソテー(+塩コショウ)してから乗せていきます。その都度、ホットプレートのふたを開けるので、熱が逃げるデメリットがあるものの、仕上がりの味がいいように思います。

難しいのは加熱のタイミング。15分ぐらいを目安に水分の減り具合を神経質に見るしかありません。ちょっと油断すると、底が焦げ出して「あーあっ」ってことに。

それでも素人なりにソコソコうまくできるもの。いただくときはレモンをしぼるのを忘れずに。一度うまくできるとまたやりたくなります。

最初は失敗がつきものですが、3回ぐらい試行錯誤すると、それなりにうまくできるようになるものです。(何でもそうですが)


油断すると底が焦げるのが難点Posted by Hello

市庭、市場

今ごろになって日本史を読んで喜んでいる。『日本社会の歴史〈上〉岩波新書』(網野善彦著)の再読。

市庭(市場)の話が興味深い。
8世紀頃の近畿。この世とあの世の境界とされた河原・中洲・浜・巨木…。そこに市が立った。神の力が及び、人と人、人と物の縁が切れるところ。そこに物を投げ入れることで、商品として交換できる物になった。また、神を喜ばせる芸能が始まった。さらには、夫婦の縁も切れるため、男女の自由な性交渉があったという。 「歌垣」というリズムに乗って。

21世紀はどうかというと、リアルとバーチャルの境界にインターネット。ネットオークションが立ち、オンラインゲームが流行る。さらには、出会い系サイト。なんだ、8世紀とおんなじだ。

京都へ

夕方から京都・丸太町のほうへ。
市街のはずれ、御所の南。
ポツン、ポツンと雰囲気のいい店がある。

暖冬で頭がボケていたのに、初めて冬らしさを感じる冷気。
寒いのはかなわないけど、
こうでないと京都の冬という味が出ないから不思議なもの。

人気のなくなった裏通りを気持ち早足で。
落ち着くところがあるというのは、有り難いもの。

行き着く場がなく、碁盤の目をさまよっているとしたら。
角を曲がると恐い邪が待ちかまえている。

2004/12/22

バイオリン・パルティータ

インターネットラジオから流れてくるバッハの音楽。タイトルは「violin partita in B minor」。心が引き込まれます。辞書を引いたら、パルティータは17〜18世紀の楽曲形式で「組曲」をさすらしい。

音楽はまるっきり能がないけれど、なぜかクラシックを聴くのは好きです。ネットラジオもクラシック局ばかり。特にバロックは性に合っているようで。

2004/12/21

水無川

近くに雨が降った後だけ水が流れる川があります。ふだんは砂地。人の話では地下に伏流水があるとか。見てみたいけど穴を掘るわけにもいかないし。

水無川だけに水生生物はまったくといっていいほど見当たりません。前に一度、大水が出たときに大きな鯉を見つけて驚いたことがあります。すぐに水が干上がってしまうのでその後、どうしたことやら。

火星に降り立った無人探査機が海があった形跡を見つけたそうです。何億年?も前の。そこにも何かがいたんでしょうか。しかし今はおそらく何もいない。

昔読んだチェーホフの『かもめ』。冒頭の劇中劇に「生き物がすべていなくなった地球」が出ていたような。

砂だけの川道をさくさく歩くのは気持ち良いもの。ほんのり水の匂いが残っていて。

2004/12/19

神戸・ルミナリエ

平日の午後7時頃に見てきました。以前よりも人手は少ない感じ。行列の最後尾から入り口まで約20分といったところ。会場内は混んではいるものの、身動きできないというほどではなく、写真撮影が比較的楽にできました。

面白かったのは、観客が一斉にデジカメやカメラ付携帯電話を手に掲げている様。いたるところで液晶画面の光が蛍のように漂っていました。

東遊園地にてPosted by Hello

2004/12/15

枯れない稲

異常といえる暖冬。稲の切り株から葉が出て穂(穭=ひつぢ)が出ています。あまりに元気なので、処分もできず置いたまま。これで春を迎えるとどうなる? すいれん鉢に入れて自生させようかとも思っています。


12月に入っても育っている稲。穂も出ているPosted by Hello

2004/12/12

シングルモルト

ほとんど知りませんでしたが、知り合いの店(※)でラガブーリンとか、ラフロイグとか、比較的クセのあるウイスキーを覚えました。なるほど味わいがあって、時々飲みたくなります。
Posted by Hello
聞けば、ホテルのカウンターなどではけっこういい値段で出しているとか。商売っ気のない店なので、懐の許す範囲で楽しめます。まあ、大騒ぎして飲むもんじゃないですが、もうちょっとカジュアルに飲めてもいいような気がします。

※ショットバーF(神戸・三宮)

2004/12/07

八丁味噌の魅力

ずいぶん昔、名古屋の「山本」で味噌煮込みうどんを食べてから、八丁味噌のファンに。冬場は特に食べたくなります。

歯ごたえのあるうどんと味噌の組み合わせは申し分なし。七味との相性がよく、忘れられない味の一つです。
もっとも、ある大阪の人に言わせると「うどんがちゃんと煮えてへん!」。あの美味しさがわからないなんて、もったいない!

最近は、味噌煮込みうどんの生めんセットやインスタント麺が出ていて、これはこれでけっこう美味しいです。ネギをたっぷり刻んで入れるのがポイント。

2004/12/04

CNNのニュースサイト

3年ぐらい前からインターネットの常時接続が可能になって、朝の習慣が変わりました。ペーパーの新聞を見ることがほとんどなくなった分、インターネットでニュースサイトを見るように。

ネットの良いところは、複数のサイトを立て続けにブラウズできること。しかも、CNNやABC、ロイター、さらにはタス通信、新華通信、朝鮮日報なども見られる点が便利です。英語は苦手でも「ロボワード」という辞書ソフトを使うと、不明の単語にマウスを当てるだけで意味が出てきて重宝します。

かといって、すべてのサイトを毎日小まめに見ているわけではないですが、CNN.comのトップ画面はたいてい見ています。当然、日本のトップニュースとはかなり異なり、米国の生活習慣の勉強になります。サンクスギビングデーの翌朝の「買い物競争」とか、よそから眺めると不思議な気がします。

2004/12/01

木製のクリスマスツリー

10年ほど前、京都の知人からいただいた木製のクリスマスツリー。積み木のようにパーツを組み立てると、30センチほどのかわいいツリーになります。毎年、12月を迎えると、セットして玄関横に飾っています。


木製のかわいいクリスマスツリーPosted by Hello

2004/11/28

手紙まめな友人

山行のたびに行程を写真やイラスト入りで知らせてくれる友人がいます。つい先日も一家で奈良に行ってきた旨、手紙を送ってくれました。

宿の「江戸三(えどさん)」はよかったそうで、名物の「若草鍋(志賀直哉が命名したとか)」はこのほか、お気に入りのようでした。

手紙にあった若草鍋の説明→「伊勢海老をベースに魚や鶏、野菜を入れて最後にほうれん草を盛る。」うーん、食べたい。

2004/11/21

きりたんぽ Kiritanpo

おいしいです。鶏がらの出汁とセリがほんと、よくあります。最近は「だまこ餅」とセットで売っていることもあります。ただし値段が高いのが難点。本場、秋田では比内鶏を使いますが、それほどこだわらなくてもいいかと。

セリは根の部分もおいしく食べられるそうですが、一部残しておいてプランタの土に植えると簡単に葉が出てきます。水辺の植物なのですいれん鉢に植えてもいいかもしれません。

2004/11/15

読書

朝、トイレの中で日本の歴史を読んでいます。毎日、だいたい数ページ。それでも、半年ぐらいで『日本の歴史〈上〉岩波新書』(井上清著)の上・中・下を読み終え、続いて『日本社会の歴史〈上〉岩波新書』(網野善彦著)の上巻をめくっています。

学生時代、サボってばかりだったので、なかなか興味深いことばかり。仏教の伝来と従来信仰との関係など、なるほどという気がします。

2004/11/14

福井・滋賀 夜叉が池 Yashagaike

福井県と滋賀県の県境近くにある「夜叉が池」へ。標高1000メートルぐらいのところにあり、静かな水面をたたえて、という趣ですが、思いのほか登山者がいました。

登山口までは交通の不便なところですが、なかなかの人気。

83歳という男性が雨傘をつえ代わりにして、急傾斜を元気よく登っていてびっくり。






晩秋の登山路
Originally uploaded by mashiloo.







尾根から見下ろした池Posted by Hello

2004/11/08

クッキングタイマー

素人なりにも料理をしようと思ったら、クッキングタイマーは必須。ほんとのプロは勘でわかるのでしょうが、ゆで時間などを計るのに欠かせません。

最近は100円ショップで売っていて、これが案外、重宝します。裏に磁石がついていて、冷蔵庫の壁面につけておくと、なくすことがありません。

計るといえば、材料の目方をちゃんと計ることも大切。目分量で作るとろくなことがありません。特に粉系のものは不可欠。(当たり前か…)

結局、料理は数字にうるさくないとうまくできないんですね。

2004/11/01

イエローカレー

グリーンカレーに比べて、やや酸味が特徴。昼飯にあり合わせの材料で作ってみました。

かき集めた材料は、ベーコンとブロッコリ、エリンギ。ほかに定番のにんにく、たまねぎ、じゃがいも。料理のプロから見たら「なんだ、これ?」って感じですが、試してみたらけっこういけました。まかないとしては申し分ないですね。

2004/10/26

コーヒーの生豆を煎る

 焙煎機能のついたコーヒーメーカー。サイズをろくに確認しないで購入し、届いてその大きさにびっくり。家族の迷惑を考えずキッチンにどどんと置いています。

 ガスの火で煎るよりははるかに便利になったとはいえ、きちんと焙煎しようとすると、けっこう手間がかかります。一度に煎ることができるのは約100グラム。無理すれば200グラムぐらいまで煎ることができますが、あまり欲張ると焙煎が途中で自動停止してしまい往生します。(説明書には「けっして入れすぎないように」と注意書き…)

 面倒なのが豆のチャフ(表皮)の始末。煎っていると大量で出てくるので、少しずつ捨てる必要があります。時間があるときは掃除機を待機させて、出てきたチャフをその場で吸い取るようにしています。

 こうした手間を惜しまなければ、若干、焙煎むらはできるものの、それなりにちゃんとした焙煎豆ができるのです。

 焙煎後、一晩程度おいたものがおいしいようです。賞味期間は長くても四、五日。それ以上だと風味がなくなってしまいます。お店に行くと、いつ焙煎したのかわからない豆を売っていますけど、あれはいただけません。

2004/10/18

モノポリー Monopoly

うちで今、大流行。親子でやってます。一見、難しそうですが、細かいことにこだわらなければルールはすぐに飲み込めます。子どもでも小学生二、三年ぐらいからできるはず。

要するにすごろくなんですが、マネーゲームの要素が加わっていて、面白いだけでなく学習効果がある? 夢中になっていると三時間ぐらいすぐに過ぎてしまうほどです。

一家して暗算が不得手なので、納税(全財産の10%)にはまったときは財産の勘定で電卓使用可にしています。

ゲームの説明書きに「世界大会が開かれる」とありました。一体どんな大会?

2004/10/15

山歩き Mountain-walking

シンプルなペペロンチーノが時おり食べたくなるように、山歩きもまたご無沙汰していると行きたくなるものです。家の引力を脱して山に向かうのはけっこう推進力が要りますけど…。

最近は山頂を目指さない山もいいな、と思います。その昔、街道だったらしい山道をうろうろして、後で地図をみたり、関係する本を読んだりするのも楽しいもの。

2004/10/11

熊野古道 Kumanokodo

記録的な台風が近畿半島を直撃かという最中、熊野古道(中辺路)を一部、歩いてきました。幸い近畿コースを外れてくれたものの、かなり無謀。

本宮大社に着いたときはすでに雨が上がっていたものの人気はなし。大風に備えて、鈴の綱はヒモで固定されていました。

宿は湯の峰温泉。ひなびた風情の良いこと。小さい民宿に泊まりましたが、ほかに泊まっていたのが一組だけで、くつろぐことができました。

帰ってから『熊野古道(岩波新書)』(小山靖憲著・岩波新書)を取り寄せ。法皇や上皇、女院が参詣の回数を競ったというのが面白い。

2004/10/07

京都の餃子 Gyoza in Kyoto

中京区壬生神明町にある「龍園」に、ぎょうざを食べに行く。その昔、無口で頑固な親父さんが懸命に作っていたのが印象的。いつだったか親父さんが亡くなってから、ご家族が味を引き継いでいると聞いていた。具に白菜を用いるのと、目の前で皮作りから始めるのが特徴。武骨で個性ある味わいは簡単に真似できない。まさにクセになる味だ。

数年ぶりにのぞいても、仕事はほとんど変わっていない。店の人もお客も無駄口をきかない。ほとんどの客が相変わらず二人前のぎょうざを注文し、黙々と平らげては帰っていく。醤油だれと味噌だれの二種類が置いてあるのも当時のまま。

ここのもう一つの名物は焼き飯。とりたてて何ということはないが、親父さんが健在だった頃、血相を変えて中華鍋を返していたのを覚えている。火の通りが秀逸で、味は名店に劣ることなしと勝手に思っていた。

今はというと、鍋を返すのは奥さんの仕事。あの馬力は親父さんにしか出せないと思い込んでいたが、今回、食べてみて満更でもなかった。ガコン、ガコンと鍋がコンロに当たる音が親父さんそっくり。二人して無口なところも似ていて昔を思い出す。

実はスープもお勧めで、3点セットで食するのがここの通(と決め込んでいる)。ただし、すべてを腹に収めるのは覚悟が必要。中年になった今はさすがに挑戦する気になれない。

龍園/地図

Macとのつきあい

Macintoshを使い始めて、かれこれ13年ぐらいになります。初代はSE-30。ハードディスクはたしか40MB。一体型のモニターは8インチ?と、今から思えば、何のために買ったかよく覚えていません。

その後、Macintosh II、LC475、Power Mac G3、そしてG4と買い替え。ヘビーユーザーとは言えないものの、Appleにとってライフサイクルバリューの高いユーザーといえる?

とはいえ、数年前からDELL製のWin機も併行して使用。毎月のコストを考えたらムダなことのようですが、たぶん次期マシンもMacになりそうです。

2004/09/28

ぎょうざ

電気プレートでよくやります。ホームページを見ると、人それぞれのこだわりがあるようですが。

うちの場合、包むまでは家人任せ。焼き方だけを私が担当しています。

まずは鉄板にごま油をコテで伸ばして160度に。ぎょうざを手早く置いて約7〜8分。
何個か裏の焦げ目を確認したら、鍋に入れた熱湯をまんべんなくかけていきます。ぎょうざの下3分の1が漬かるくらい。
そうしたらふたをして温度を最高に設定して約7〜8分。
水分がなくなる1、2分前に温度を160度に戻します。
水分がほぼなくなったら、上からごま油を全体に軽めにかけていきます。
そこから1、2分で出来上がり。底がカリカリになったぎょうざができます。(できて当たり前?)

たれはポン酢にラー油をたらしたちょっと変わったもの。以前、知人から石垣島の土産というラー油をもらって重宝したことがあります。ウコンとかが入っていてありがたく使いました。また、くれないかな。

2004/09/23

広島焼き

広島市内にある例の「お好み村」で食べてから、見様見まねで家で作るようになりました。最初の頃は不気味なものができていましたが、何度かトライして素人なりに仕上がるようになっています。

ただ家で作る場合、いわゆるお好み焼きと違って一度に何枚も焼けないのが難点。

ソースは「オタフク」と言いたいところですが、どうも甘すぎるのが合わず、「オリバー」を使っています。変?

2004/09/10

ローズヒップ

初めて飲んだときは、酸っぱくて変な味、だったけど、何度か飲んでいると、疲れたときにふと飲みたくなる。「MILTON」という商標。ロシア語表記のパッケージで何やら正体不明。

2004/09/06

ハーブ生活

 家でハーブを育てている人の話をよく耳にするようになりました。うちでも、バジルやイタリアンパセリ、ローズマリー、ミントなどを植えています。

 一番需要があるのはバジル。パスタやカレー料理で重宝しています。もっとも、一番育てるのが難しく、水を切らすとすぐ枯れるし、新芽が出たと思ったら、あっという間に虫に食われます。気のせいか、ミントと一緒に植えると、虫の付きが少ないようです。

2004/08/15

蝶生活 Butterfly

蝶は一定の経路を周回するという話を聞いたことがあります。たしかに、庭に来る蝶を見ていると、いったん通過した後、またやってくることがあります。香りのいい花の咲く植物があると、滞留時間が長くなり、そばで眺める機会が増えます。

山椒の木を植えておくと、きまってアゲハが卵を産み付けます。しかし、なぜかうちの土では山椒が大きく育たないため、一、二匹で葉をすべて食べ尽くしてしまいます。

一度、早朝にさなぎが孵る瞬間を目撃したことがあります。小さなさなぎに入っていたとは思えない大きさの蝶が出てきてびっくり。

台風のシーズンなどは強い風を避けて、庭木にぶら下がっている蝶を見かけることがあります。普段、目にしない種類がいたりして、思わず写真を撮ったりしています。


大風を避けて庭にやって来たきたタテハチョウPosted by Hello

2004/08/14

ペペロンチーノ+きのこ

といっても、ポルチーニ茸とか贅沢品を使うのではなく、冷蔵庫の中にあるシメジとかエノキ、しいたけなどを出しては刻んでオイルソースで軽く炒めます。最近はいろいろキノコが店頭に出ているので、その度にバリエーションを楽しむことができます。

ペペロンチーノは結局のところオリーブオイルとにんにく、唐辛子だけで作るのが一番おいしいのですが、それでは昼飯になりにくいのでキノコなど具を工夫するわけです。

ここ数年、水菜ブームですが、うちではペペロンチーノ+キノコのパスタに、仕上げとして刻んだ生の水菜をこんもり盛って食べたりしています。まあ、人に出せるような品ではありませんが、自分で食する分にはおいしいし、満足度は高いです。

2004/08/05

ゴーヤ

この夏はよく使いました。基本はチャンプルー。簡単にできるし、思いのほか美味しい。苦味がいかにも身体によさそうです。

だいぶ前のこと、西鹿児島の店で生ゴーヤと豚の角煮、焼酎のセットに感心したことがありました。それからすっかりご無沙汰でしたが、ブームということもあって、うちでも使い出したところ、この夏のヒット素材に。

2004/08/03

コーヒーはやはりサイフォン? Coffee

朝、寝ぼけたままサイフォンでコーヒーを淹れています。コーヒーメーカーの方が簡単かもしれませんが、やはりコクが違うように思います。豆の上に湯を垂らすだけだと味が出ないような気がして。

サイフォンは電気式を使用。アルコール式と違って安全です。もう十年近く使っています。それとフィルターは使い捨てのペーパーにしています。布と違って清潔感が違います。

2004/07/28

カブトムシ生活 Grubs of beetle

子どもがもらってきたカブトムシ。今、三世代目が幼虫として昆虫ケースの中で暮らしています。

冬から春にかけて一、二度地中を掘り起こして、幼虫を観察。コロコロした姿はなかなかのもの。(美味しいと聞きましたが、ちょっと…)

夏になると元気に成虫になるものの、人工飼育の限界で小ぶりな子ばかり。自然界に放すわけにもいかず、代々ケース暮らしが続いています。

Posted by Hello

2004/07/21

手入れが簡単な夏野菜 Vegetables in summer

といえば、ししとうです。とにかく手入れが簡単。プランターに苗を植えて、水やりさえしっかりすれば、ほとんど手間いらず。おまけになぜか虫がつきにくいメリットも。

夏になると一斉に白い花が咲いて、実が良くつきます。三~四株もあれば、 毎日は無理としても週に一、二回、十個程度、収穫できます。

うちでは、グリーンカレーに重宝しているほか、パスタの具としてもよく使います。刻んでからオリーブオイルのソースで軽く炒めると、けっこういけるものです。なんといっても新鮮さが値打ちですね。

2004/07/15

せみ生活 Cicada

七月に入ると、庭のいたるとこに穴があき、抜け殻を目にします。クマゼミが毎日、数匹単位で地上に出てくるのです。朝の6時頃だと羽化の最中を見ることができます。そして、7時ぐらいから一斉に鳴き出し。これが人工音だったらたちまち苦情の嵐となるはずなのに不思議なもの。こちらはアブラゼミがいないので、鳴き声が「ミンミン」でないので、ちょっと残念なところも。

2004/07/12

すいれん鉢を楽しむ Water lily bowl

最近、ホームセンターの園芸コーナーでも見かけるすいれん鉢。小さな庭やベランダにも置けて、今流行のビオトープを手軽に楽しむことができます。

すいれんの根を植えるのもいいですが、簡単なところでは水草を入れ、メガタを数匹放しておくと、ボウフラの発生予防になる上、一年を通して生き物を楽しむことができます。春になると、メダカが勝手に増えていたりして、子供から大人まで十分楽しめます。


雨水の落ちるところなら、水替えはほとんど不要。屋根にあるところでは一ヶ月に一回程度、減った分だけ水を足せば十分です。うちでは、いつの間にかトンボが卵を産んでヤゴが住みつくようになりました。また、水を飲みに来る野鳥を見かけることも。環境によっては、アマガエルがやってきたりして楽しさは倍増です。


放っておくとさまざまな生き物が住みつく簡易ビオトープ。水草の種類もいつの間にか増えていきますPosted by Hello

2004/06/20

水草生活 Waterweed

水槽で水草を育てている人って、けっこういるそうです。
ペットショップに行くと、
たいてい何種類も置いているところを見ると、
根強い需要があることが分かります。

うちはというと、
今までに買ったのは定番のカバンボ、アナカリス、
そして名前不詳の二、三種類ぐらい。
ほかは自然発生の草。

鳥が種?を運んでくるのか、
いつの間にかすいれん鉢の水面に
見慣れない品種が生えてきたりし
て面白いものです。


すいれん鉢の中で毎年、黄色の花をつける「あさざ」Posted by Hello

2004/06/16

グリーンカレー Green curry

最近、昼飯によく作るのがグリーンカレー。 意外に簡単。日本のカレーのように時間をかけて煮込む必要がないので重宝します。

日本のスーパーで香辛料のセットが出回りだし、 材料が手軽に手に入るようになったのが作り始めた理由。 うちは無印良品で売っているセットを使っています。

カレー粉とナンプラー、ココナッツミルクの組み合わせが なんともいえず美味で、一度食べるとくせになります。 ココナッツを多めに使うのがコツ。カレー粉は控えめに。入れすぎるととんでもないことになります。添付の唐辛子もほどほどに。

具は鶏肉、たまねぎ、じやがいも、ししとう。あれば、たけのこ、パプリカ。それと、にんにくは必須。ししとうは、家庭菜園で手軽にできるのも魅力。 週に一度、食べても飽きない美味しさです。

2004/06/09

金魚水槽の水替え Goldfish

 飼育の水は、家庭用浄水機の「清水」をくみ置きをせずにそのまま使っています。また、カルキ抜きなどの薬剤をまったく使用していません。これが正しいかどうか分かりませんが、数年生きているので、OKかと思っています。

 水槽に付けているテトラ製の簡易浄水器は性能が良いようで、2〜3週間サイクルでフィルターを換えていれば、水はほとんど濁りません。無精な飼い主にとってはありがたい装置です。水換えは、半月に一度程度、水槽の半分を入れ替えています。

Posted by Hello

2004/06/05

実は動きの素早いカメ Tortoise

「ウサギとカメ」のおとぎ話に出てくるように、カメといえばのろまの象徴。 ところが、最近飼いだしたカメ(ミシシッピアカミミガメ 通称・ミドリガメ)の動きをよく見ていると、水中で素早い動きをするのがわかります。

えさのミンチ肉などに食いつくときの実に早いこと。(肉、魚が大好き!)  また、何かの拍子で水草の上などを駆けぬけたりもします。

カメ=のろい、という常識にとらわれていてはダメなんですね。

2004/05/28

「バケツ稲」って知ってる? rice-producing in a bucket


繊細な芽
Originally uploaded by mashiloo.
今、日本でちょっとしたブームです。もともと、JA(農協)が仕掛けたもので、バケツで稲を育てようという運動です。

やってみると、意外に面白くて子どもだけでなく、大人も楽しめます。もみ蒔きをして、田植えをして、「こんな繊細な植物から米ができるんだ」という驚きがあります。



バケツで育てるから「バケツ稲」Posted by Hello


2004/05/09

ざるそば Buckwheat noodles

夏場を迎えると、昼に乾麺のそばをゆでることが多くなります。

よく使うのが、新潟の「妻有(つまり)そば」。海藻が練りこんでいるとかで、のど越しがよいのが特徴です。

うちの場合、ざるそば+てんぷらのパターンが多いです。

うちみに、新潟あたりで出される「へぎそば」。おいしいですね。一口サイズに小分けした見た目のよさと食べやすさ。よく考えられています。

2004/05/03

広島・宮島


宮島の境内から
Originally uploaded by mashiloo.
雨で肌寒いほど。

創建当時、瀬戸内海一帯に偉容を放っていただろうと容易に想像できる。



沖から見た宮島
Originally uploaded by mashiloo.

2004/04/15

めだか生活 Medaka

ヒメダカを飼いはじめて早8年ぐらいになります。すでに第五世代が庭のすいれん鉢と部屋の水槽で暮らしています。

当初、10匹からスタートして最盛期は数十匹の大所帯に。しかし、うまくしたもので毎年、冬に向けて数が減り、春に産卵して増える、を繰り返しています。

春に生まれる子魚の最大の敵はなんと親魚。ぼんやりしていると食べられてしまいます。なので、三月ごろ、卵のついた水草は隔離してやる必要があります。

金魚生活 goldfish fry

金魚すくいで連れてきた金魚を飼いだして約10年。その間、七年生きた金魚など数匹の「大絶滅」を経験して、現在、三匹が暮らしています。うち一匹は絶滅した先代の唯一の子孫。

金魚の寿命の世界記録は、40なん歳とか聞いたことがあります。争う気はないですけど、えさと水の管理さえしっかりしていれば長生きします。

ただ、金魚は春に産卵はしても孵すのは難しいし、生まれても大きくするのはもっと難しいです。金魚屋さんに聞くと、ポイントは「水温と水質」とか。四月ごろでもヒーターは欠かせないといいます。

一度、稚魚が数十匹、孵ったことがあるのですが、水槽に一緒に入れていたエビが片っ端から食べてしまってショックでした。

金魚の稚魚Posted by Hello

2004/03/18

山でコケる Mt.Ryozen


久しぶりの山歩き。滋賀県の霊仙山へ。運動不足のせいか、何でもない平地の岩場で足を滑らせ転倒。頭を岩にぶつけて、額を数センチ切ってしまいました。手をやると、額から血がたらたら。自分よりいっしょに行った友人の方が驚いていました。

止血のためしばらく大人しくしてから、そのまま1000メートルちょっとの山頂まで。頂上付近は雪が若干残っていて、夏場とは異なる趣を楽しむことができました。

山を下りてから念のため病院へ。診察の結果、数針縫ってもらうことになりました。何ともかっこう悪い話。