2004/04/15

めだか生活 Medaka

ヒメダカを飼いはじめて早8年ぐらいになります。すでに第五世代が庭のすいれん鉢と部屋の水槽で暮らしています。

当初、10匹からスタートして最盛期は数十匹の大所帯に。しかし、うまくしたもので毎年、冬に向けて数が減り、春に産卵して増える、を繰り返しています。

春に生まれる子魚の最大の敵はなんと親魚。ぼんやりしていると食べられてしまいます。なので、三月ごろ、卵のついた水草は隔離してやる必要があります。

金魚生活 goldfish fry

金魚すくいで連れてきた金魚を飼いだして約10年。その間、七年生きた金魚など数匹の「大絶滅」を経験して、現在、三匹が暮らしています。うち一匹は絶滅した先代の唯一の子孫。

金魚の寿命の世界記録は、40なん歳とか聞いたことがあります。争う気はないですけど、えさと水の管理さえしっかりしていれば長生きします。

ただ、金魚は春に産卵はしても孵すのは難しいし、生まれても大きくするのはもっと難しいです。金魚屋さんに聞くと、ポイントは「水温と水質」とか。四月ごろでもヒーターは欠かせないといいます。

一度、稚魚が数十匹、孵ったことがあるのですが、水槽に一緒に入れていたエビが片っ端から食べてしまってショックでした。

金魚の稚魚Posted by Hello