2004/12/31

3001年 3001:The Final Odyssey

SF作家、アーサー・C・クラークの『3001年終局への旅 ハヤカワ文庫SF』の冒頭で、西暦23世紀にアステロイドが太平洋に落ち、その影響で起こった津波で何百万人という死者が出たという話が出てくる。

今から千年ぐらい先までの間には、そんな災厄があり得るかもしれない。だが、今回のような形で津波被害が起こるとは。振り返ってみれば、リスクは予測できたのかもしれない。

人口増加にともない、各国とも沿岸部の開発が進む。自然な流れなのだろうが、今回のようなリスクは高まるばかりだろう。

小説の中では、大災害後に人類は地球外惑星への移住を始めた、とある。

そういえば、アーサー・C・クラーク本人は、スリランカ(コロンボ?)に住んでいると読んだことがある。ご本人は大丈夫なのか?

At the beginning of novel '3001:The Final Odyssey' on SF writer Arthur C. Clarke. The story that the asteroid drops in the Pacific Ocean, and a huge tsunami happened comes out in 23 century. Several million people' dead are supposed to have gone out there.

Such a disaster might be able to be between ahead in about 1000 since now. However, ..happening of the tidal wave damage shape like this time... The risk might have been predictable if it turned around.

The development of the coast part advances in each country increasing the population. The risk like this time might just rise though it might be a natural flow.

There is a human race in the novel after the catastrophe when the migration to an alien planet was started.

I hear that Arthur C. Clarke himself lived in Sri Lanka (Colombo?). Is the person in question safe?

第六感 six sense

スリランカから、津波による死者が2万4000人に達しているのに対して、象などの野生動物の死体が見当たらないとの報道。動物たちは第六感を発揮していち早く非難したのでは、と報じている。もっとも、科学的な検証がなされているわけではないというコメントも。

There was a report that the corpse of wild animals of the elephant etc. was not found while the dead by the tsunami reached 24,000 people from Sri Lanka. Animals have the sixth sense work and prompt shelter, the article are reported. However, the comment that a scientific verification is not performed is attached, too.

大みそかの雪 Snow of the large last day of the month

関西は朝方からの雨が雪に。ボタボタと降っている。高速道路は軒並み通行止め。帰省は大変だろう。

In Kansai, rain that had begun to be gotten off in the morning changed into the snow. The snow with a large piece has fallen. The expressway is a suspension of traffic across the board. The homecoming might be serious.



snow Posted by Hello

年賀状 New Year's card

数日前から半分ほどプリントしてから放ったまま。やる気なし。今年くらい住所変更の多い年は珍しい。住所録の書き換えが大変。「動く時代」を象徴しているか。

While shot after the half is printed several days ago. Motivation none. The person who changes one's address is more than the ordinary year. It is serious work that rewrites the directory. Does this symbolize "Changing age"?

2004/12/30

清荒神 Kiyoshi Kojin

年が押し迫ったこの時期に宝塚の「清荒神(清澄寺)」へ。神仏習合を色濃く残す「お寺」。地図を見ると、寺(清澄寺)と神社(清荒神)の記号が両方記載されている。共存を自然に受け入れるところが、日本人のDNAの特徴であり、強みか。山を背に「神の後ろ」を見せないところや、せせらぎを伴う立地は伊勢神宮に近い。

参詣客の車が列をなしていてビックリ。沿道では初詣を当て込んだ屋台の準備が真っ盛り。昔ながらの七味屋やたわし屋、乾物屋、金物屋、祭祀具屋などが並んでいて興味深い。ホームページをみると、「最寄り駅から山門まで約200軒並ぶ」とある。

To "Kiyoshi Kojin (Saicho temple)" of Takarazuka at this time when the age approached. "Temple" that leaves color of syncretization of Shinto with Buddhism dark. Both of signs of the temple (Saicho temple) and the Shinto shrine (Kiyoshi Kojin) have been described to study the map. Is it a feature of Japanese DNA, and a strong point naturally accepting that it is both? The location with a brooklet in addition to the temple's having built against the backdrop of the mountain is near Ise Jingu Shrine.

It is surprised because visit to a shrine guest's car is doing the row. The preparation for the stall where the New Year's visit to a shrine was expected is a climax in the route.The seven spices shop, the scourer shop, grocer's shop, the hardware shop, and the festa tool shop, etc. are lining up in the approach to a shrine though it is old times. It is interesting to see them. "About 200 shops queue up to the gate from the closest station to the temple", written in the homepage.


境内にて Posted by Hello

2004/12/29

インド洋津波 Tsunami

現時点で6万7000人の犠牲者という報道。インドネシアといえば、数年前に農業研修で日本に来ていた真面目な青年のことを思い出す。確か自宅は山間部にあると言っていたはず。無事であればいいが。

阪神大震災を経験した者として、この大災害はけっして他人事ではない。日本で同様の災害が起こらない保証はどこにもない。東京に行くたび、神戸で倒壊したのと同じ古い年代のビルが林立している見て、ぞっとすることがある。先日、首都圏の震災予想で死者を1万人程度と見込んでいたようだが、その程度で済むとはとても思えない。

Present report of 67,000 victims. As for Indonesia, a serious young person who had come to Japan by agricultural training several years ago is recalled. It was said that sure home was in the mountainous district. Though it only has to be safe.

As the person who experienced the Great Hanshin Earthquake, this catastrophe is not others thing at all. There is no guarantee in which a similar disaster doesn't happen in Japan anywhere. It is likely to expect that a building of the age that is the same as the collapse in Kobe whenever going to Tokyo and old will stand close together, and to thrill. It doesn't seem to was at all settled with the extent the other day though the dead seem to have been expected about 10,000 people in the earthquake expectation in the metropolitan area.

たらこパスタ Cod roe pasta

おすそ分けの鱈子をあえたパスタ。レモンをかけて、さっぱりした味わいを楽しみました。美味しいものの、つい食べ過ぎになるのと混ぜる具に困るメニューです。

Pasta that dressed cod roe of sharing. After the lemon had been put, it enjoyed a tidy tasting. Though it is delicious,inadvertently eating too much is a difficult point. And, it is a menu embarrassed because there is no material mixed with pasta.


 Posted by Hello

神奈川は雪 snow in Kanagawa

神奈川から初雪の知らせ。年末に積もるほど降るのは珍しいとか。

The notice of first snow of the season arrived from Kanagawa. It is said that coming down, so that snow lies on an end of the year did not have recent years.


snow Posted by Hello

2004/12/28

下仁田ねぎ SHIMONITANEGI

シモニタネギ。すき焼きの必須アイテム。最近、スーパーでちらほら見かけるようになりました。ネギスープにしてもおいしい。

SHIMONITANEGI. The indispensable item of sukiyaki. Recently, it came to see here and there in a supermarket. It is delicious even if it makes it Welsh onion soup.


 Posted by Hello

2004/12/26

チヂミ CHIJIMI


chijimi
Originally uploaded by mashiloo.
ちぢみ。お好み焼きより簡単。次第に作る回数が増えてきました。うちではニラ、玉ねぎ、いかの取り合わせが基本。

チヂミをグーグルで検索するとざっと8万件。お好み焼きの73万件にはかなわないものの、広島焼きの1万数千件をはるかに超える件数。なるほど人気があるわけです。

あっさりしたタレで食べられるところが魅力。消費者のソース離れを予感させます。スーパーではオタフク製のチヂミセット。ソースメーカーが面白いことをしているんです。

Easier than an As-you-like-it pancake "Okonomiyaki". At my home, the number of times which makes this use has increased. Combinations of a scallion, an onion, and a cuttlefish are foundations.
If CHIJIMI is searched with google, 80,000 affairs will come out roughly. Although 730,000 affairs of an As-you-like-it pancake are not suited, it is the number of cases far exceeding 10,000 affairs of the "Hiroshima-yaki". It is popular indeed.
The merit of CHIJIMI is the point of attaching and eating the sauce of the taste carried out frankly. This phenomenon makes a presentiment of a consumer separating from Worcestershire sauce have.
The CHIJIMI set made from OTAFUKU(Worcestershire sauce maker) is discovered in a supermarket. It is carrying out that a sauce maker is interesting.

2004/12/25

キッチンのショールーム The showroom of a built in kitchen unit

システムキッチンのショールームを見学。
しゃれたデザイン、豊富な機能、徹底した品質。

見ていて感じたのは、大人のプレールーム。
料理という遊びをとことん追求したい大人のための
高価なアクションジム。

The showroom of a built in kitchen unit was inspected. The attractive design, abundant quality functioned and put into practice.

It is the grown-up play room.
The expensive action gym for the adult who wants to pursue play called cooking thoroughly.

ビール Beer

最近はビールの地位が下がっているようで。若者はすっかり見放し、中年も最初の乾杯だけ、といった飲酒行動が顕著に。というのも当然で、ビール本来の味を大切にしてこなかったメーカーの責任は見逃せない。

個人的にはサッポロ・黒ラベル。可能な限り指名買い。ところが、最近は店によってはまったく置いていないことも。コンビニ酒店ではまずお目にかからない。レアものでそのうちプレミアがつく?(これがメーカーの戦略か?)

単なる乾杯酒ではなく、ビールを静かに楽しもうとすると、ベルギーのビール。高くて気軽に飲めるものではないが、デュベルやシメイなどに好印象。いまだに「ドライ」の天下ではあるものの、地下水脈では嗜好に変化が起きていると感じている。

日本の地ビールはまだまだ研究不足。安易な参入で評判を落としているのが残念。和歌山で飲んだ地ビールは特に口に合わなかった。

The position of the beer has fallen recently. The young person deserts completely, and the middle age is remarkable of the drinking action only of the first toast. Because the responsibility of the manufacturer that doesn't value a natural, beer original taste cannot be missed.

Personally "Sapporo"brand and it "KURO label" . Nomination purchase. However, not putting at all according to the shop either : recently. It doesn't meet you in the convenience store. Does the premiere attach by the rare item sooner or later? (Is this a strategy of the manufacturer?)

When it enjoys quietly oneself over not mere toast sake but the beer, the beer of Belgium. It is good impression in "Duvel" and "Chimay", etc. though it is not the one that can be readily drunk because it is high. It is felt that the change has occurred to the preference in the underground water pulse though it is still a whole country of "Dry".

The local beer of Japan is still research shortage. Falling into disrepute by the easy entry is regrettable. The local beer drunk in Wakayama was especially unpalatable.

2004/12/24

大阪「一山」 そばではピカイチ Ichiyama

久しぶりに大阪・淀屋橋の「一山(いちやま)」へ。十年以上前から知っている、昔から変わらず美味しいそば屋さん。毎度、香り高いそばを出す努力は並大抵のものではないはず。

「田舎そば」の大盛り、680円は見上げたもの。ゼニを出せばもっとほかにもすごいところがあるのかもしれませんが、この価格でこの味はそう真似ができるものではない。いつも常連で満員なのは当然です。

10人も入れば満員というこぢんまりとした店。拡大志向がないところに好感。味の品質を維持していくのは苦労が多いと思いますが、いつまでもがんばってほしいと思う店の一つです。

「一山」の地図

世界最古?の地図

先日深夜、テレビ(NHK BS?)。3500年前の岩に刻んだ地図を見た。近所の村落の位置を示したものらしい。畑だとか、道が詳しく載っている。雨ざらしにもかかわらず、よく残っていたことだ。丘の中腹にあって、村が一望できるところ。何のために刻んだのか? それとも当時の暇つぶしか、いたずら?

今から3500年後、残るものといえば、膨大な数の磁気ディスクや半導体メモリか。千年後か一万年後、メディアに残っているデータを考証する考古学が流行る。そして、学者の結論。「当時の人の営みは今とほとんど変わっていない」。

記憶媒体はそんなに持たないか。それより人類の方が持たないか。

京都・北山の雪

昨日、琵琶湖の西岸にある峰床山に行った人から積雪していたとの知らせ。暖冬だからと安心して軽装備で出かけていたら、たいへんなことに。京都市街から北に約20km。気象環境がまるで違う。今年の冬山は今まで以上に危険?


京都・峰床山付近Posted by Hello

2004/12/23

年賀状

「大事な風習」といわれているものの形骸化している。肝心の心が抜け落ちている。葬式もまた同じこと。

パエリア Paella

年に二、三回、作ります。たいそうなイメージがありますが、実はそれほどでもない料理です。本格的な作り方は知らないので、我流というかテキトーなところがあります。

パエリアの具としてムール貝がよく使われますが、入手しにくいのと日本ではそれほどおいしいと思わないので、もっぱらアサリを使っています。米はタイ米とかがよい聞きますが、いつも食べている日本の米を使用。こだわらなければ、それで良いと思います。

過熱には電気のホットプレートを使っています。

作るポイントは、水の量と火加減。
まず、オリーブオイルを敷いて、プレートの温度を180度ぐらいに設定。にんにくのみじん切りをいためて、気持ちこんがりしてきたら、玉ねぎのみじん切りを入れていためます。こちらも若干色づいてきたら、水洗いしたおいた米を入れていためます。(水洗いしない方がよいという話も聞きますが…)

米が白っぽくなってきたら、あらかじめ温めておいたスープ(鶏ブイヨン+サフラン+控えめの塩)を入れます。量は米1合に対して200cc。3合ぐらい作る場合は、600ccプラス100ccぐらいが適当。炊く温度は130〜140度。

続いて、トマト缶を一缶分、つぶして入れます。均等に散らしたいなら、ミキサーに軽くかければよいかと。

具はどうするかと言うと、鶏肉、いか、野菜(角切りパプリカ、輪切りピーマン、シメジなどのキノコ)、エビ、アサリの順でそれぞれ別々にオリーブオイルで軽くソテー(+塩コショウ)してから乗せていきます。その都度、ホットプレートのふたを開けるので、熱が逃げるデメリットがあるものの、仕上がりの味がいいように思います。

難しいのは加熱のタイミング。15分ぐらいを目安に水分の減り具合を神経質に見るしかありません。ちょっと油断すると、底が焦げ出して「あーあっ」ってことに。

それでも素人なりにソコソコうまくできるもの。いただくときはレモンをしぼるのを忘れずに。一度うまくできるとまたやりたくなります。

最初は失敗がつきものですが、3回ぐらい試行錯誤すると、それなりにうまくできるようになるものです。(何でもそうですが)


油断すると底が焦げるのが難点Posted by Hello

市庭、市場

今ごろになって日本史を読んで喜んでいる。『日本社会の歴史〈上〉岩波新書』(網野善彦著)の再読。

市庭(市場)の話が興味深い。
8世紀頃の近畿。この世とあの世の境界とされた河原・中洲・浜・巨木…。そこに市が立った。神の力が及び、人と人、人と物の縁が切れるところ。そこに物を投げ入れることで、商品として交換できる物になった。また、神を喜ばせる芸能が始まった。さらには、夫婦の縁も切れるため、男女の自由な性交渉があったという。 「歌垣」というリズムに乗って。

21世紀はどうかというと、リアルとバーチャルの境界にインターネット。ネットオークションが立ち、オンラインゲームが流行る。さらには、出会い系サイト。なんだ、8世紀とおんなじだ。

京都へ

夕方から京都・丸太町のほうへ。
市街のはずれ、御所の南。
ポツン、ポツンと雰囲気のいい店がある。

暖冬で頭がボケていたのに、初めて冬らしさを感じる冷気。
寒いのはかなわないけど、
こうでないと京都の冬という味が出ないから不思議なもの。

人気のなくなった裏通りを気持ち早足で。
落ち着くところがあるというのは、有り難いもの。

行き着く場がなく、碁盤の目をさまよっているとしたら。
角を曲がると恐い邪が待ちかまえている。

2004/12/22

バイオリン・パルティータ

インターネットラジオから流れてくるバッハの音楽。タイトルは「violin partita in B minor」。心が引き込まれます。辞書を引いたら、パルティータは17〜18世紀の楽曲形式で「組曲」をさすらしい。

音楽はまるっきり能がないけれど、なぜかクラシックを聴くのは好きです。ネットラジオもクラシック局ばかり。特にバロックは性に合っているようで。

2004/12/21

水無川

近くに雨が降った後だけ水が流れる川があります。ふだんは砂地。人の話では地下に伏流水があるとか。見てみたいけど穴を掘るわけにもいかないし。

水無川だけに水生生物はまったくといっていいほど見当たりません。前に一度、大水が出たときに大きな鯉を見つけて驚いたことがあります。すぐに水が干上がってしまうのでその後、どうしたことやら。

火星に降り立った無人探査機が海があった形跡を見つけたそうです。何億年?も前の。そこにも何かがいたんでしょうか。しかし今はおそらく何もいない。

昔読んだチェーホフの『かもめ』。冒頭の劇中劇に「生き物がすべていなくなった地球」が出ていたような。

砂だけの川道をさくさく歩くのは気持ち良いもの。ほんのり水の匂いが残っていて。

2004/12/19

神戸・ルミナリエ

平日の午後7時頃に見てきました。以前よりも人手は少ない感じ。行列の最後尾から入り口まで約20分といったところ。会場内は混んではいるものの、身動きできないというほどではなく、写真撮影が比較的楽にできました。

面白かったのは、観客が一斉にデジカメやカメラ付携帯電話を手に掲げている様。いたるところで液晶画面の光が蛍のように漂っていました。

東遊園地にてPosted by Hello

2004/12/15

枯れない稲

異常といえる暖冬。稲の切り株から葉が出て穂(穭=ひつぢ)が出ています。あまりに元気なので、処分もできず置いたまま。これで春を迎えるとどうなる? すいれん鉢に入れて自生させようかとも思っています。


12月に入っても育っている稲。穂も出ているPosted by Hello

2004/12/12

シングルモルト

ほとんど知りませんでしたが、知り合いの店(※)でラガブーリンとか、ラフロイグとか、比較的クセのあるウイスキーを覚えました。なるほど味わいがあって、時々飲みたくなります。
Posted by Hello
聞けば、ホテルのカウンターなどではけっこういい値段で出しているとか。商売っ気のない店なので、懐の許す範囲で楽しめます。まあ、大騒ぎして飲むもんじゃないですが、もうちょっとカジュアルに飲めてもいいような気がします。

※ショットバーF(神戸・三宮)

2004/12/07

八丁味噌の魅力

ずいぶん昔、名古屋の「山本」で味噌煮込みうどんを食べてから、八丁味噌のファンに。冬場は特に食べたくなります。

歯ごたえのあるうどんと味噌の組み合わせは申し分なし。七味との相性がよく、忘れられない味の一つです。
もっとも、ある大阪の人に言わせると「うどんがちゃんと煮えてへん!」。あの美味しさがわからないなんて、もったいない!

最近は、味噌煮込みうどんの生めんセットやインスタント麺が出ていて、これはこれでけっこう美味しいです。ネギをたっぷり刻んで入れるのがポイント。

2004/12/04

CNNのニュースサイト

3年ぐらい前からインターネットの常時接続が可能になって、朝の習慣が変わりました。ペーパーの新聞を見ることがほとんどなくなった分、インターネットでニュースサイトを見るように。

ネットの良いところは、複数のサイトを立て続けにブラウズできること。しかも、CNNやABC、ロイター、さらにはタス通信、新華通信、朝鮮日報なども見られる点が便利です。英語は苦手でも「ロボワード」という辞書ソフトを使うと、不明の単語にマウスを当てるだけで意味が出てきて重宝します。

かといって、すべてのサイトを毎日小まめに見ているわけではないですが、CNN.comのトップ画面はたいてい見ています。当然、日本のトップニュースとはかなり異なり、米国の生活習慣の勉強になります。サンクスギビングデーの翌朝の「買い物競争」とか、よそから眺めると不思議な気がします。

2004/12/01

木製のクリスマスツリー

10年ほど前、京都の知人からいただいた木製のクリスマスツリー。積み木のようにパーツを組み立てると、30センチほどのかわいいツリーになります。毎年、12月を迎えると、セットして玄関横に飾っています。


木製のかわいいクリスマスツリーPosted by Hello