2005/02/26

早春の庭 Garden of early spring


ふきのとう
Originally uploaded by mashiloo.
寒いからといって庭に出ないのはもったいない。小さい空間にも季節は必ず訪れる。この普遍的な法則は驚くばかりだ。

Not going out to the garden because of it cold is wasteful. A small space is visited the season without fail. This universal law is just surprised.



セリ
Originally uploaded by mashiloo.

2005/02/24

32000年冬眠のバクテリア Bacteria where it had hibernated for as many as 32000 years

NASAのMarshall Space Flight Centerが、アラスカのアイス・サンプルの中で見つけたバクテリアが、3万2000年の眠りから覚めたと発表。"Carnobacterium pleistocenium,"という新種。

Bacteria that Marshall Space Flight Center of NASA found in ice sample of Alaska. It is announced that it woke up from the sleep of 32,000 years. New kind "Carnobacterium pleistocenium".

NASAのプレスリリース

地球温暖化で永久凍土が解け出すと、太古の生命が続々と目を覚ます? これってよいこと?

Will the life at ancient times wake up in succession when it begins to be able to solve the permafrost layer because of global warming? Is this good?

2005/02/23

春キャベツでパスタ Pasta dish with cabbage

店頭に春キャベツが出だして、アンチョヴィと合わせたオイルソースのパスタがおいしい。

慣れないアンチョヴィのフィレ(オイル漬け)は、あらかじめ味見をして塩加減を確認。料理本では「一人分一枚」などとお上品に書いてあるが、家庭ではやや多めに使った方が味にメリハリが出る。ただしその分、塩加減に気をつけないと塩辛くなって台なしに。

キャベツは多めにちぎって、パスタがゆで上がる一分ぐらい前に鍋に放り込んで一緒にゆでてしまう。キャベツをモリモリ食べるくらいの量(一人前4分の1個)がいい感じ。

オイルソースとパスタ、キャベツをあえる時はフライパンをなるべく火にかけないように。パスタを炒めてしまうと、食感がまずくなってしまう。

キャベツが多い分、仕上げにオリーブオイルをひと回りかけて、なじませるがベター。

2005/02/21

二日酔い

一か月ぶりぐらいの京都。
先斗町のおばんざいの店でごちそうになる。
いい感じのお店。
メニューの「聖護院大根」を「せいごいん…」と読んで笑われる。

二軒目の祇園のバーにて終電を過ぎても飲み続け、完全な酔っ払い。
連れていっていただいた方にさんざん迷惑をかけて、
明け方、フラフラしながら家路へ。
K様、ほんとに、ごめんなさい。

2005/02/18

心臓手術に耐えた世界最小の赤ちゃん

先日、ブラジルで7.5kgの赤ちゃんが産まれたと思ったら、今度は米国で世界最小700gで心臓手術に耐えた赤ちゃんの記事。ぶどうの房サイズの心臓主術を経て、元気でいるという。

冬のミドリガメ


冬でも元気
Originally uploaded by mashiloo.
昨年の夏に購入の二匹のカメが、年末、ヒーター付きの水槽に引っ越し。冬眠しかけていたのが、ぞろぞろと動き出し、食欲も旺盛に。市販のカメのえさと乾燥エビをよく食べる。

陽のある時は窓の外に出して日光浴。やや深めに張った水の中をちょろちょろと泳ぐ。

カメは水替えが面倒。よくもって4、5日。濁ってくるので替えてやる必要がある。

面白いのは環境変化への適応。水深がないときは水草や藻の下に潜り込み、時おり首を出して空気を吸う。ところが、後ろ足で立たないと呼吸できないくらい水を入れると、いつの間にか藻の上でのし掛かって、天然のビーチマットでくつろぐカメに。もしくは、小石でつくったビーチに身体を半分乗り出しては寝そべっている。

2005/02/17

横須賀

久しぶりに横須賀(神奈川県)の郊外を歩く。三十年来、変わり映えのしない街並み。一瞬、タイムスリップしたような感覚に襲われる。
しかし、街全体が老いさらばえたのはごまかしようがない。家々とともに、暮らす人の高齢化が著しい。海岸部は都市整備が進んでいるが、内陸の丘陵地に入ると活気のなさを感じないわけにはいかない。

2005/02/16

東京で昼飯

昼時の虎ノ門。飯を食う場所を探す。氷雨の降る中、どこの店でも5人、10人と列をなして順番を待っているのは不思議な光景。

10分ほど徘徊して、年季の入った外観のパスタ店に飛び込む。店内はおじさん客で埋まっていて驚く。小ぶりの洗面器のような白い器に顔を突っ込むようにして食べている。大盛りを注文している人も少なくない。

パスタの種類は豊富で選ぶのに困るほど。選びあぐねてメニューの最初に書いてあるものを注文。トマトソースにナスや烏賊などの具。

出前もやっているようで厨房はてんてこ舞い。パスタはうどんやラーメンのようにスピーディにはできないので大変ではと、それとなく様子を眺める。

出てきたのはおおよそイメージ通り。パスタはやや炒めた感じで昔懐かしい喫茶店風。これはこれで美味しい。オリーブオイルとにんにくの風味がしないのは残念だけれど、ビジネス街だから仕方ないか。

2005/02/12

1/2成人式(2分の1成人式)


2分の1成人式
Originally uploaded by mashiloo.
最近、流行らしい。10歳になった小学4年生全員が校内の一室に集まり、保護者も呼んで行う。20歳の半分だから「1/2」成人式。大勢の保護者たちの前で一人ずつ将来の夢を一分程度で順々に語っていく。

準備に一週間かけただけあってなかなかの出来。どんな夢であれ、一人ひとりが大勢の前で語っていくことに意味がある。

「すごい!」と感心するような大志をはじめ、思わず吹き出してしまう愉快な決意、保護者が目頭を押さえてしまう健気な希望など、一見に値する子どもたちの夢の数々。

どこが最初に始めたのかわからないが、よくできた企画だ。人生に対する目的意識を早い時点で持つのは意味がある。

ちょっと残念だったのは、製造業に対する夢がほとんど出なかったこと。地域性があるのだろうが、物づくりにかける夢があってもよかった。それと「学校の先生になりたい」という子がほとんどいなかったのは、先生方にとってショックか?

2005/02/11

西宮の野鳥 ジョウビタキ?

2月になって庭にやって来るようになった。樹上を飛びわたるだけでなく、地上に降りて何かをついばむことも。

人が近くにいてもすぐには逃げない Posted by Hello

ひよどり Bulbul

つがいでやってきては、猛烈な食欲で枝に刺したみかんをあっという間にたいらげてしまう。


いつもペアで行動 Posted by Hello

かぶと虫の幼虫

三代目の幼虫たち。冬眠中をちょっとだけのぞいた。大きさにばらつきがある。動きはにぶい。


11匹が冬眠中 Posted by Hello

2005/02/05

スーパーボウル

米国「ナショナル・フットボールリーグ(NFL)」の頂点を決める国民的なスポーツ試合。今年は第39回。日本時間で7日午前8時30分(現地6日午後6時30分)からフロリダ州ジャクソンビルにて。

個人的には、試合そのものよりもそれに熱中する米国人の方に興味がある。その象徴が30秒のオンエアで料金が2億4000万円のテレビCM。
Super Bowl Ads

昨年の中で特にインパクトがあったのは、White House ONDCPが提供した「Pot-Smoking Teens」。未成年のマリファナ禁止を呼びかける公共広告だ。親の無関心が子供を転落の道に追いやることになるという主張。国民的ハレの場でこんなCMを流すくらいだから、それだけ事態は深刻ということか。

かぶの葉でペペロンチーノ

にんにく、とうがらしのオイルソースとよく合います。具はほかにベーコン。シンプルな味ながら、一度おいしく食べるとクセになるもの。「かぶの葉は捨ててしまう」なんて人もいますが、ほんともったいない。

2005/02/01

海南市

関西で一番の冷え込みの時に和歌山の海南市へ。地元の人が「めずらしい」と驚くほどの吹雪。日中、積もりはしなかったものの、底冷えのする一日。昨年秋に熊野古道に行った時は大型台風の接近と、南の方面はツキがない。

JR紀勢線・海南駅の構内に、地元特産品の展示コーナー。たわしなどシュロを活用した日用品が盛んだったらしい。そのほかに、漆器、木製家具、トイレタリー用品など。