2005/04/26

陶芸家・島るり子さん Shima Ruriko

京都・法然院へ島るり子さんの作品展を見に行く。こぢんまりとしたお堂が作品の数々に調和している。
関西では初めての個展とのこと。
平日で交通の便がそれほどよくないところにも関わらず、目当てのお客さんがひっきりなしにやってきていた。



飯椀
Originally uploaded by mashiloo.
島るり子さんの紹介




料理皿
Originally uploaded by mashiloo.




深皿
Originally uploaded by mashiloo.



島るり子さんとその作品を紹介している本

2005/04/24

『日本の神々』谷川健一著 The japanese gods

神を知るというよりも自分たちの「原郷」を探る上で興味深い一冊。妖怪がなぜ放浪(流竄)の日々を送っているかなど、世俗的な好奇心を満たす本でもある。

山の中をうろついていると、岩石、草木のすべてに「可畏きもの(かしこきもの)」が宿っているような気になるもの。

2005/04/19

京都 御幸町 Gokomachi kyoto

河原町の二筋西側の通りを歩く。若者向けの店が点在していて、それなりに活気がある。ただ街づくりが方向を誤ると荒れてしまいそうな雰囲気。大阪・アメリカ村のようにはなってほしくない。

2005/04/07

大阪の『じきどう』 Jikido in Osaka

西天満の老松通の路地を入ったところにある『じきどう』(電話:06-6314-0087)へ。落ち着いた雰囲気の和食屋さん。魚介類のメニューが中心で夜はおまかせ料理。大阪キタの隠れ家的な存在。予算は5000円程度で手頃。

この一角、バブル時代は活気があったが、今は夕刻を過ぎると人影はまばら。昔は台湾料理の「東」とかいい店がいくつかあった。

「じきどう」の地図

2005/04/06

名古屋の手羽先 Tebasaki in Nagoya

久しぶりに名古屋へ。栄、伏見をうろつく。居酒屋でビールのつまみに手羽先。やや甘めのたれ。これはこれで美味しい。