2009/05/31

連日の鷲林寺裏山

昨日に続いて今日も昼から鷲林寺の裏山でトレーニング。

このところ、甲山森林公園の駐車場がいつも混雑していることから、
人気を避けるように鷲林寺通いが習慣に。

例によって観音山の山頂を経て、ゴロゴロ岳方面へ。
カベノ城をめざしたものの、
道を間違えて、剣谷方面の谷を下りかけてしまう。

結局、山中を2時間ほど走り回って、
元の鷲林寺の境内に戻る。


コアジサイのシーズン。


ミズキ?の花。


モチツヅジ?


六甲山の最高峰方面。


観音山の頂上直下。

2009/05/30

【兵庫・西宮】鷲林寺〜観音山〜ゴロゴロ岳

午後の炎天下、例によって鷲林寺の裏山へ。
蒸し暑く、空は真夏の装い。

●鷲林寺の位置 ↓

大きな地図で見る

鷲林寺の裏手を左ルートで登る。
ところどころ岩場をよじ登っていく。
珍しく下山している人に出合う。

観音山の山頂は人気なし。
それをいいことに、しばらくグッタリ。

尾根沿いをゴロゴロ岳へ。
標高が565.6mなとので「ゴロゴロ」らしい。
だれがこんな面白いネーミングを考えたのか?
もっとも、「岳」といっても山中に標識があるだけ。
どちらかというと「峠」といった方がふさわしい。

ここから奥池をめざそうとしたが、
雷鳴が響き、雨粒が落ちてきたので、
来た道を引き返した。

下山は「せせらぎコース」で。
このコースは最も歩くのがラクだが、
一か所、最近になって崩落した箇所がある。
なおも崩れてきそうなので要注意。

鷲林寺に戻ってきて約7キロのコース。
駐車場にて車内に戻った途端に土砂降りに。


観音山山頂から見た夏雲。
人力のおよそ及ばない
自然の圧倒的なエネルギーこそ
感知できる人には「神」と映るのだろう。


ゴロゴロ岳山頂の標識。
林の中にひっそり置いてあり、
うっかりすると見落としがち。

2009/05/24

鷲林寺の裏山ラン

昼前に鷲林寺の裏山へ。
曇りがちで歩きやすい天気。

観音寺まで一気に登って、汗が吹き出る。
小一時間の足慣らしに最適。





鷲林寺の裏山、左コース。今回は下りで通る。こちらの方が傾斜がきつい。


テイカズラ?の花。


何の花?

2009/05/23

丹波の兵庫陶芸美術館


昼からの兵庫陶芸美術館へ。

『唐津・鍋島・柿右衛門 九州古陶磁の精華』を見学。

内容が充実していた。特に藩窯だった鍋島が興味深い。

2009/05/15

さばのトマト煮


大ぶりのさばがやって来たので、三枚に下ろしてトマト煮に。
手軽にできて美味しい。

【材料】
・さば
・にんにく
・玉ねぎ(みじん切り)
・缶詰めトマト
・セロリ
・オレガノ
・イタリアンパセリ
・オリーブオイル
・白ワイン
・小麦粉
・塩、胡椒

【作り方】
・さばは三枚に下ろして切り身に。

・切り身に小麦粉をまぶして、オリーブオイルとにんにくでソテー。
(やや多めのオイルでスプーンでかけながら、中火でこんがりと焼き目をつける)

・途中、白ワインを振りかける。

・両面を焼いたさばをとり出し、残ったオイルにみじん切りにした玉ねぎを入れて、中火で炒める。

・玉ねぎが色づいてきたら、缶詰めトマトを加える。

・強火で煮詰めながら、塩、胡椒。

・セロリのみじん切り、オレガノを加える。

・仕上げ前にオリーブオイルを回しかけ、イタリアンパセリを散らす。

※付け合わせに茹でておいたタリアテッレを。

2009/05/11

シシトウとポルチーニ茸のパスタ


シシトウが安くて美味しい季節に。

余っていたポルチーニ茸と合わせて、昼食用のパスタをつくる。

塩味にはアンチョビのフィレを使用。

2009/05/10

【京都・北山】花背から峰床山、そして八丁平

京都北山の花背から峰床山、そして八丁平の湿原へ。
あれこれ寄り道をして、往復約20キロのコース。
早くもシャクナゲが見頃。



兵庫県西宮市を朝5時に車で出発。
花背まで名神高速を経由して約2時間半。
山村都市交流の森」の駐車場に車を停めて、朝8時に八丁平の湿原をめざす。

山村都市交流の森の位置↓

大きな地図で見る

八丁平の位置↓

大きな地図で見る

峰床山までの約7キロは、新緑の林道を進む。
道は整備されていて歩きやすい。
道標や地図があちこちにあり、普通に歩く分にはまず迷うことはない。

山頂まではだれにも会うことなく、自分専用道といった感じ。
ホトトギスの鳴き声、キツツキらしき樹木の打刻音の中を歩いていく。








朝10時。「こもれびの森展望台」にて、いきなり休憩。
だれもいないのをいいことに、お湯を沸かしてコーヒーをいれる。
持参のドーナツを2個も食べてしまい、満腹に。



昼前。だらだらとした登りの先に峰床山の山頂。
見晴らしの良さはなく、長居をする場所ではない。
数分の水飲み休憩の後、目的の八丁平に急ぐ。



八丁平へ。ここはまだ新春のおもむき。
おそらく坊村から登ってきたと思われる数組に出合う。
トレイルランの二人連れも。





八丁平から見た峰床山。
山というより丘という感じ。

2009/05/06

さくらんぼの収穫


庭の桜で採れたさくらんぼ。

粒は小さいものの、甘味があって案外、美味しい。

2009/05/03

博多の休日


仕事では何度も訪れている福岡、博多。

それでも街の様子はほとんど知らないまま。

初めて休日に博多で1泊。

ホテル前の通りで行われた「博多どんたく」を見物。

歴史に根ざした仮装行列が面白い。