2009/06/30

今年の梅酒



EOさんのブログに負けじ(笑)と、うちの梅酒の写真。

もっとも、こちらはただの梅酒。

特にウンチクはありません。

2009/06/29

Mさんの星型きゅうり

近所で野菜づくりをしているMさんからいただいた、
長茄子ときゅうり。

きゅうりは型にはめて、星型に成形。
東京などでは昨年あたりから流行っているらしい。

新鮮な野菜をいただくのは、
最高のぜいたく。

Mさん、いつもありがとう!


長茄子とデザインきゅうり。


星型きゅうり。


ハート型のきゅうりもいただきました。

2009/06/28

今年もサボテンの花


今年も白いサボテンの花が開花。
夕方から咲きはじめ、翌朝が一番の見頃。
昼には萎んでしまうため、気づかないことも多い。

それにしても、
自然の仕事はかくにもパーフェクト。
花びら一つひとつ隙なく、
完璧に仕上げる。
--------------
翌朝の花。

うなぎ脱走事件

朝食の時間が遅くなって、金魚やうなぎが抗議。
特に、うなぎは最近、水面に顔を突きだして食事を催促をすることを覚えた。

今朝はことさらに水面ジャンプを繰り返す。
「これは危ないな」と思っていた瞬間、
うなぎが蓋のすき間から水槽の外にダイビング。

慌ててうなぎを戻そうとするが、ヌルヌルの胴体でつかむのは至難の業。
彼の方は捕まるまいと、フローリングを這い回る。

数分格闘して、ようやくうなぎを水槽の中へ。
てのひらはネバネバ…。
うなぎのダメージを心配したが、案外、涼しい顔でゴムホースの自宅に潜り込んだ。

うなぎ飼いでは、水槽からの飛び出しに注意と聞いていたが、
まさにこのことか、と実感。

2009/06/27

【兵庫・西宮】鷲林寺裏山から奥池、熊笹峠

朝から薄曇りの割に風がなく蒸し暑い。

昼前に例によって鷲林寺へ。
先週、何でもない坂で滑って横転したことから本堂だけでなく、
ソランジン(八臂荒神)のお堂にも挨拶。

割合気に入っている左回りコースから観音山山頂をめざす。
お寺から山頂まで一気に登って16分。
汗が噴き出す。

観音山から奥池を抜けて、熊笹峠へ。
宝殿橋の手前までの芦有ドライブウェイに出たところで引き返す。
もうちょっと頑張れば六甲山最高峰だったが、
水500ccだけ持参の軽装ではこれが限界か。

このルート、いわゆる「銀座通り」ではないものの、
道が整っていて歩きやすい。
最高峰を往復するのに、ほぼ迷うことなく進むことができる。

途中、男性数人とすれ違う。
いずれも歩き慣れている感じ。
一人から「風がなくて暑いですね」と声を掛けられる。

来た道を戻って、また観音山山頂。
帰りは右回りルートを使って下る。
この道はやや荒れていて、下りはちょっと危険。
途中、若い男女とすれ違う。
女性の方は急坂で早くもややバテ気味?

今回はトラブルなし。(これが当たり前だが…)
往復2時間半、約6キロの行程。
全行程、カナヘビがいやに目についた。


奥池の北側。


奥池にある道標。右に入ると最高峰方面。
まっすぐ進めばバス停へ。


分岐が何か所かあるが、最高峰方面は矢印が出ている。
矢印のない方は地図がないと見当がつかない。


芦有ドライブウェイ脇の道標。


熊笹峠近く。


熊笹峠。再度、ドライブウェイに出たところで
空腹になり引き返した。
林山に至る取り付きは見つからず。


再度、観音山山頂。
この岩の裏側に下りの道があるのだが、
山頂からは目印がなくて、
知らない人にはわからない。

2009/06/26

【京都】上賀茂神社の「茅の輪潜り」

朝から仕事で京都へ。

烏丸界隈はすでに真夏の様相。
路上はことのほか暑くて、スーツの上着などとても着ていられない。

錦小路あたりは観光客が目立つ。
インフルエンザ騒ぎの影響は収まったのか?
八百屋で万願寺唐辛子ともろきゅうりを購入。

仕事後、
夏越の祓(なごしのはらえ)ということで、
「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」を済ませにいく。

ところが、何を勘違いしたのか、
着いたのは北野天満宮
せっかくなので、十数年ぶりに参拝。

その後、上賀茂神社まで足を伸ばして、
氏子でもないのに「茅の輪潜り」を済ませる。


北野天満宮。
比叡山から偉いお坊さん?が来訪するとかで、
信者の人たちが集まっていた。


菅原道真は丑年生まれらしく、守り神は牛という出来すぎた話。
同じ丑年生まれとして、やはり親近感がある。

猛暑の中を歩いていて、頭がイカれたらしく、
「もしかしてオレは道真の生まれ変わり?」
などという妄想を抱いて、かなり危ない…。

そう言えば、
昔、台湾を旅行した時も同じような牛の神様がいた。


緑濃く鎮まる上賀茂神社。


上賀茂神社の境内に設けられた茅の輪。
炎天下、異次元に誘う入り口のようでもある。
右脇にはくぐり方の説明があって、
初心者でも安心。

2009/06/25

夜間の早歩きトレーニング

6月に入って、日中は早くも猛暑のような日々。
この暑さの中、屋内にこもっての仕事はいかにも健康に悪い。
冷房を利かせた中に居続けると最悪。

だからというわけでもないが、
半月前から夫婦で夜間早歩きを始めた。
午後8時から30〜40分。おおよそ4、5キロを早足で歩く。
いずれはLSDで走れたら、と思う。

この時間帯、同じようなことをしている人が案外多い。
本当は早朝に歩くのが理想なのだろうが。

2009/06/23

奈良の西大寺へ

午後、仕事で奈良の西大寺方面へ。

阪神高速と第二阪奈を車で乗り継いで、約1時間半。
遠いイメージがあるが、それほどでもない。

平城京跡の地図を見ると、
西大寺周辺は碁盤の目の北西角にあたることがわかる。
しかし、車から降りて辺りを見渡してみて、
かつての「京」の面影を感じとることはできない。

2009/06/21

【兵庫・西宮】昼過ぎに鷲林寺の裏山

雨上がり。蒸し暑い。

午後から書店に仕事の本を漁りに行くつもりが、
ふらふらと鷲林寺へ。

車内で着替えをしてから、
境内を抜けて寺の登山路へ。
途中、住職さんから挨拶されて恐縮…。

雨上がりで滑るぞ、と気をつけていたはずなのに、
いきなり苔むした石の上で滑って横転。
左の腰をしたたか打つ。
何度も同じ過ちをしているのに学習なし。
腰をさすりながら、ヒョコヒョコ登っていく。
当初の意気込みはどこへやら…。

観音山へはそれほど息を切らさずに登れるようになった。
頂上でぼんやり立ったまま。(というか、腰が痛くて…)
しばらくボーッとしていたら、
パノラマコースから男性が元気に登ってきた。
「むし暑いですね」と会話を交わす。
やはり、しょっちょうこの辺を登っているとか。

観音山山頂からゴロゴロ岳手前を奥池方面に右折。
走るつもりだったが、痛い腰を言い訳に走ったり、歩いたり…。
林間で平服の男性一名とすれ違う。
奥池が近いせいか、たまに軽装の人とも山中で出くわす。

奥池にたどり着いて、
熊笹峠方面に少しだけ入り込むが、
すぐに引き返す。タイムアウト。

奥池から回り込むように、また観音山へ戻るコース。
途中、よく休憩する窪地に立ち寄る。
と思ったら、鳥らしい死骸にギョッとする。
蝿が集っていて、死後数日か。
回りを見渡すと、羽や毛が至るところに飛び散っている。
おそらく水を飲みに降りた際に
イタチか何かにやられて食われたのだろう。

人間にとっては長閑な山だが、
棲むものにとっては食うか食われるかの世界。
自然界の厳しい掟を垣間見る。

夕方、再び観音山の山頂に立つ。
眼下に広がる都市を見渡し、
人の営みに思いをはせる。(ちょっと大げさ…)

迷ったあげく、登ってきた道を下りていく。
傍から見たら、おかしいほど慎重に。
それでも滑りやすい。

無事に鷲林寺に下りて午後5時過ぎ。
念のため、ソランジンに挨拶をして引き上げる。


観音山の山頂。暑い、暑い、暑い。


夏場にかけて、どこも山頂はなぜか蝶が多い。
キアゲハ、クロアゲハが乱舞していた。


山頂から見た宝塚、西宮周辺。


六甲山の最高峰方面は煙っていて見えなかった。


栗の花が盛り。


静かなる奥池。


雲の雄大さに気づくのも山行のいいところ。

2009/06/19

うなぎの生長


四万十川のうなぎが家に来て約一年。
体長は40cmほどに生長。

来た頃は引っ込み思案の性格だったが、
今では日中でも水槽の中を堂々と回遊している。

住まいは当初、家庭用のゴムホームを切ったものだったが、
今では業務用の太いホームにチェンジ。

食事は冷凍もの赤虫をはじめ、ブラックタイガーの薄切り、サバやアジの切れ端など。
赤虫は金魚と取り合いになることもしばしば。

エサを加える様子を見ていると、
うなぎは視力があまりよくないことが分かる。
視野角も狭いようで、エサが横にそれると見失ってしまう。

2009/06/18

野菜のフリッタ

早くも真夏のような暑い一日。
一日中、こもって仕事。

夕食に野菜のフリッタをつくる。



・カリフラワー、ブロッコリ、ナスを一口大にしておく。
・卵を用意して、卵白と卵黄に分ける。
・卵白をボールに入れ、素早く根気よく泡立てる。(角が立つぐらいに)
・別のボールに卵黄、クミンシード、小麦粉、きな粉、塩、こしょう、水少々を入れてかき混ぜる。(衣が固めなら水を多少足す)
・かき混ぜたものを卵白とざっくり合わせる。これがフリッタの衣になる。
・油は160〜170℃に加熱。
・野菜に衣を付けて、表面がカリッとなるまで揚げる。
・仕上げに塩を軽く振る。盛りつけにはレモンを添えるのがベター。

クミンシードの香りが口の中に広がり、野菜のうま味が増す料理。
もちろんビールにぴったり。

この料理の良いところは揚げるのに用いた油がそれほど汚れないこと。
卵白をしっかり泡立てれば、だれでもできる料理だ。
パーティにも最適のはず。

2009/06/14

ヒル(ヤマビル)への対策マニュアル

昨日、霊仙山の山行にてヒルで大騒ぎしたが、
同行のOさんから情報あり。

ヒルは鹿などの野生動物に吸い付いて増殖するそうで、
鹿が増えている霊仙山の麓あたりにヒルが多いのも納得。

それとヒルは上から落ちてくるのではなくて、
地面から上に向かって上がる習性があるそうで、
足下の対策が必要とのこと。
今まで上ばかり気にしていた。

そこで、Oさんが教えてくれたのが、
ヤマビル対策マニュアル
神奈川県が作成したもの。
ヒル対策が分かりやすくまとめられている。
これは勉強になる。

その他の情報サイト
●「ヤマビル研究会」のホームページ

●「ヤマビル対策」

●神奈川県の大山ではこんな取り組みも


  



2009/06/13

【滋賀】またまた霊仙山に登る

4月に続いて、再び滋賀県の霊仙山へ。
大阪のOさん、Tさん、奈良のNさんという珍しいメンバー4名で登りに行く。
(↓霊仙山の位置)

大きな地図で見る

朝7時前に本町駅に集合して、車で今畑の登山口まで向かう。
大阪市内から阪神高速〜名神を通って、米原ICで下りて、
国道8号線沿いを経て登山口へ。
(実は彦根ICで下りた方が早かった)

今畑の登山口手前の空きスペースに車を停める。
ほかに停めている車はなく、貸切状態。(↓登山口の位置。おおよそ)

大きな地図で見る

登山口から登り出したのは9時半とやや遅いスタート。
天気がやや心配だったが、薄曇りで雨の気配なし。

登り出した途端に樹上?から鈴鹿山脈名物のヒルがお出迎え。
先頭以降が狙われるというのは本当のようで、
列の2番目を歩いていると、道に何匹も蠢いているのを目撃。
人の声や振動?、体温?に反応して寄ってくるのだろうか?
とにかく油断がならない。

笹峠までは林間のつづら道をひたすら上る。
道の状態は悪くない。
営林用に整備している模様。


■歩きやすい道。昔はずいぶん荒れていたような気がするが…

笹峠あたりで樹林を抜けて、休憩。
Nさんの足首に体長3センチほどのヒル(蛭)が吸い付いているのを発見。
大騒ぎしながらはぎ取る。
ヒルは外見に似合わず、実は動きが素早い。
飛び跳ねるようにして獲物に飛びつく。
首筋や足首から身体と服の間に侵入して、あっという間に移動して
人が気づきにくい腹部辺りで血を吸うことも。

笹峠からは急斜面の西南尾根を登る。
琵琶湖側からのそよ風が涼しく、気持ちよい。
ニリンソウらしき群生をあちこちで見かける。
花はこれからか?

時折眼下の景色を楽しみながら、西南稜を登りきる。
4月に同じルートをたどっているのと、
先週までの観音山トレーニングの成果?もあって、
今回はそれほど苦にならなかった。

急斜面を登りきってからは、石灰岩の岩場を伝っていく。
歩きにくいが、これはこれで楽しい。
前回、足を滑らせたので慎重に。

霊仙山の最高点(1098m)を越えて、山頂(1083.5m)へ。
カルスト地形独特のカレンフェルト(石灰岩の景観)が広がる。
何度見ても興味深い。
かつて仏教の修験場だったと聞いているせいか、
まるで昔にだれかがお地蔵さんでも立てて回ったかのように思える。


■霊仙山の山頂近く。典型的なカレンフェルトがひろがっている


■霊仙山の山頂近くの最高点。山頂へはここから約10分


■霊仙山の山頂。いい歳した大人が大騒ぎ…

時間はすでに午後1時。
先客は数えるばかり。
みんな花の時期をよく知っていて、今は閑散期ということか?

ここで遅めの昼食。
メニューはワンパターンのポルチーニ茸のリゾットほか。


■山頂付近の昼食場所。幸い風が強くなくバーナー使用可

下山に向かおうとしている時、Tさんが鹿の群れを発見。
目を凝らすといるわいるわ…。
20頭はゆうに数えられる。
どうりで山頂付近に糞が多いはず。
立ち枯れの木が多いように見えるのも鹿が芽を食べてしまった影響か。
鹿が増えすぎているのかもしれない。


■2時を過ぎてそろそろ下山時。ほかの登山者はとっくに下山

下山は経塚山を経て、霊仙山を回り込むようにして汗フキ峠に下りていくルート。
この間も遠目に鹿の群れを何度も発見。
これだけの数を目にするのはちょっと異常な感じがする。

お虎ケ池の鳥居に挨拶した後、お猿岩を通り抜けて、山を下りていく。
ここの下りは歩きやすい道で、疲れ始めた足にはうれしい。

汗フキ峠を経て、落合の廃村を抜けて駐車した場所に戻ってくる。
夕方4時を回っている。約9キロの行程。


■お虎ケ池の鳥居

その後、河内風穴を見学。
駐車場の管理をされている方に「霊仙山に行ってきた」と伝えると、
すかさず「ヒルは大丈夫だったか?」と聞かれる。
なるほど地元の人はよく承知だ。
その方の話では「杉の木立が要注意」とのこと。


■河内風穴の入り口。風穴から冷気が吹き出ている

6時過ぎに彦根ICから名神に乗り、大阪へ戻る。
玉造駅前の「ねぎや」にて食事をして解散。
(さんざん飲み食いして一人1500円は安い!)

今回で霊仙を訪れたのは7、8回目だが、
何度来ても飽きない山だ。
季節によって異なる表情を見せてくれる。

ただし、なめてかかると怖いのも事実。
雷や強風時、そして雪の季節は恐ろしい山となる。


  



2009/06/12

大垣駅前

昼から岐阜県の大垣を訪問。

大垣駅を下りるのは初めて。

駅前の商店街は懐かしい雰囲気。

往時の活気はないのかもしれないが、雑貨屋とか文具店とか個人商店がずらりと並んだ様は趣がある。

いわゆるシャッター通りにはしてほしくない。


創業250年以上の菓子店「槌谷」。木彫の看板に味わいがある。

寒河江のさくらんぼ


山形県寒河江からさくらんぼうが届く。

今年は蜂が少なくて受粉作業がたいへんだったとか。

粒の大きさと味は例年通り申し分なし。

2009/06/07

【兵庫・西宮】鷲林寺裏山&甲山森林公園

午後から鷲林寺の裏山でのトレーニング?
山頂まで一気に登ることを心がける。
(とはいえ、上下差150m足らずの登りだが)

観音山からゴロゴロ岳、奥池を巡る周遊コースを経て、
鷲林寺に戻ってくる。

奥池の分岐点辺りの雑木林の中で、
トレイルランの男性が軽快に駆けてきた。
(とても勝てない…)

帰りがけに甲山森林公園に寄って、
外周を一周だけ走る。
足がフラフラ。

来週末はまた滋賀県の霊仙山。
トレーニングの成果が出るか?


栗の花がそろそろ咲きそう。


飯盛尾根から見た奥池。
このあたりはまず人に会うことはない。


甲山森林公園内の池。
最近、人が増えたような…。
夕方でも家族連れが多く残っている。

2009/06/06

【兵庫・西宮】またまた鷲林寺裏山

午後から例によって鷲林寺の裏山へ。
最近は甲山周辺がいつも人で混んでいるので、
すっかりこちらが定番コースになっている。

裏山の中央ルートを登って観音山の山頂へ。
一気に上までと思ったものの、
息が切れて途中、何度も立ち止まってしまう。

山頂はだれもいない。
一休みして、ゴロゴロ岳方面をめざす。
途中「天狗の玉座」で一息入れて、
ガベノ城(483m)まで下る。
ここからの眺望はまあまあ。

来た道を引き返し、せせらぎルートを通って、
鷲林寺まで下山。


馬酔木の花に似ているが、この時期に咲くのはネジキ。


観音山山頂は人気がなく静か。


この時期、山中のあちこちでコアジサイを見かける。


カベノ城。命名の由来は不明。


ガベノ城からの景色。
このまま下りて行くと、北山公園に出る。

2009/06/04

ボンゴレビアンコ


久しぶりに近くの魚屋へ。
鯛と若鮎、あさりを購入。

それで、昼食はあさりとミニトマト、イタリアンパセリのバスタ。

夕食は鯛飯と若鮎の天ぷら。