2009/12/31

今ごろ年賀状

朝からの冷たい風が吹きすさぶ一日。

結局、年内予定の仕事も片づかず、
もやもやしたまま新年へ。

大晦日の昼食はここ数年、
なぜか中華のオードブル。
仕出しなどめったに使わないが、
今日ばかりは甲東園のチャイナ亭で取り寄せ。

昼食後、西宮ガーデンズへ。
食品売り場は案の定、大変な混みよう。
不景気とはいうものの、
世界全体から見れば裕福な国であるのは間違いない。

年越しそば用に合鴨肉、せり、しいたけなどを買い込む。
合鴨肉はフライパンでソテーして
表面に焦げ目をつけてスライス。
鴨鍋にして、そばはつけ麺として食す。

夕食後、ようやく年賀状の仕上げ。
交響曲のブライチを聞きながら印刷。

夜10時過ぎ。
風は収まってきたか。

2009/12/27

京野菜のいただき物

京都・淀のYさんから京野菜の差し入れ。

この冷え込んだ中、畑から収穫してきてくれた。

日の菜、京菜はさっそく漬物に。

ほかに、柚子や金柑など柑橘類もたくさんいただいて恐縮。




2009/12/24

夜遅くにフライドチキン

夜7時から関西学院教会にてクリスマスミサ。

子供が幼稚園でお世話になってから、
かれこれ10年間、恒例行事となっている。

今年は小中高が一体となって、プログラムが充実。

帰宅後、フライドチキンを仕上げる。
あらかじめ、白ワインとレモン汁、すり下ろしたショウガとニンニク、ちょっとの醤油、塩、コショウでつけ汁を作り、
鶏の骨付きもも肉をつけ込んでおいた。
それに小麦粉をまぶして、
160℃のオイルで5分超、じっくり揚げる。
すると、表面がカリカリのフライドチキンに。

それと、仕掛けておいたピラフ、フライドポテトで
遅い晩ご飯。

関西学院の正門。巨大なツリーが目を引く。



夜9時から遅い夕食

2009/12/22

雪景色の兼六園

仕事で能登半島へ。
前日まで雪が降り続いていたとのこと。
今朝はさいわい晴れ間がのぞく曇り空。

仕事先に行く前にちょっと無理して
雪の兼六園に立ち寄る。

開門まもないこともあって、
観光客はまばら。

花の季節よりも、雪に閉ざされて
ひと気の少ない、この時季こそ風情がある。

ついでに、
兼六園に隣接している大奥御殿の成巽閣にて、
前田家伝来の冬の衣裳も早足で見学。
絢爛で巨大な夜着に目を奪われる。




冷気の中、寒桜が花を咲かせていた。

2009/12/05

ビーフシチューをつくる


本日は食べることばかり。

昼は釜揚げうどんと天ぷら。
天ぷらはちょっとばかり上達。
しかし、かき揚げは相変わらずヘタ。

夕食にはビーフシチューとピラフ、サラダをつくる。
シチューはトマト缶をやや入れ過ぎて、
家族にはちょっとばかり不評。

2009/12/01

久しぶりにギョウザを焼く

早朝はやや冷えたものの、
日中は小春日和。

本日も、こもって仕事。

運動不足。

夕食にギョウザを焼く。

やや厚手の皮がお気に入り。