2011/04/02

夕方から武庫川沿い

日中、ようやく春の陽気。

夕方4時半から武庫川沿いを往復6キロ。

北からの冷たい風がかなり強く、
往路はヨロヨロ。
帽子が何度も飛ばされそうになる。
帰りは追い風を目一杯受けて、
いかにも元気になったよう。

関西はごく当たり前の日常が続く。
いくらテレビの報道を見ても、
関東以北の惨状を肌で感じるのは難しい。

16年前の今ごろ、この一帯の人々が
阪神淡路大震災を受けて途方に暮れていた。

原発からは高濃度の放射性物質が海に垂れ流し状態とか。
素人でも容易に想像がつく事態をようやく公表。
悪い情報ほどいつも後回し。
我々はいずれ途方もなく高いツケを払うことになる。

0 件のコメント: