2011/05/30

今晩は中華メニュー

台風が予想より早く過ぎて、
昼過ぎには雨風が一段落。
時折、陽が差した。

夕食にマーボ豆腐と八宝菜をつくる。

2011/05/29

今年も梅酒のシーズン

昨夜から台風2号が日本に接近。
明け方からは本格的な嵐に。

午前中、子どもを送りに風雨の中、神戸へ。
戻る頃には雨風ともにますます激しくなる一方。

月曜日の東京出張もこれでおじゃんに。

今年も梅のシーズンを迎えて、
1キロだけ購入して、梅酒をつくる。
今回は酒用ブランデーを試してみることに。


2011/05/22

大雨のち晴れて武庫川沿いへ

午前中は前線の通過で風と雨。
時折、台風並みの降りに。

昼から食料の買い出し。
帰ってから、鳥の唐揚げの仕込み。
それとバジルの苗の植え付け。
庭は早くも蚊の大群に占領されている。

夕方4時から夫婦で武庫川沿いを1時間ほど歩く。
ランナーが次々に駆け抜ける中、
まったりしながら川沿いを往復。

仁川でカモのオス2羽がメスの取り合いの最中。
人が近づいているのもおかまいなしに、
くちばしで突き合っていた。
メスはといえば、ちょっと距離をおいたところで涼しい顔。

雨上がりの武庫川。
水量はそれほど増えていないような。

武庫川沿いの散歩道。

2011/05/18

山椒の実

一日中、初夏らしい陽気。

今年初めて山椒の木に実がなったので収穫。
一粒かじってみると、なるほど強烈な芳香。

今のところ、木にアゲハの幼虫は見られず、
葉が勢いよく茂っている。

2011/05/17

今夜の食事

朝から晴れたり、曇ったり、突然雨が降ってきたり、
冷たい風が吹き下りたりと、今昔物語様のおかしな天気。

今夏はどうも冷夏の予感。(根拠はないけど…)

昼食は、妻が昨夜漬けておいたマグロで「づけどんぶり」。

夕食はタンドリーチキンと野菜のフリッター、
じゃがいものオムレツ、きのことベーコンのリゾット。
どれも有り合わせの材料で…。

料理を作りながら、
いただき物のからし蓮根をつまみにビール。
揚げたてのフリッターはかなり美味しい。
特にカリフラワー。

作ってはつまみ食いをするので、
仕上がる頃にはおなかいっぱい。

2011/05/15

近くて楽しい六甲山

朝から久しぶりの快晴。

takuさんの案内で六甲山へ。

朝10時に阪急・岡本駅に集合。
Kさんも急きょ参加。

ルートは、
岡本駅〜保久良神社〜金鳥山〜打越峠〜
七兵衛山〜荒地山〜高座谷〜ロックガーデン登山口。

金鳥山から打越峠へは、
森林管理道(水平道)を抜けて、まさに横移動。
アップダウンがなく、移動が楽。

昼食は、見晴らしの良い七兵衛山の山頂にて。
例によって食後はtakuさんのコーヒーを楽しむ。

食後、荒地山に向かう。
岩稜帯に出ると、風が強かったものの、心地よい。
大岩に座り込んで、五月の風を満喫。

下りは岩梯子の前を通って、芦屋川駅方面へ。
途中、城山方面ではなくて、
高座谷に下りる道をtakuさんに案内してもらう。
これは新発見。なんだか得した気分。

ロックガーデンの登山口を経て、駅に向かう。
今回は駅前の「カフェ ブラディーポ」で
コーヒーを飲んで、おとなしく解散。

保久良神社の境内

保久良神社の裏山を登っていくと分岐に。
左の八幡谷方向に進む

七兵衛山の山頂。見晴らしが良く、昼食場所に最適

コアジサイ?

荒地山の山頂

荒地山の岩稜帯で休憩

荒地山からの下界の眺め。黄砂のせいか、空がやや白んでいる

岩稜帯をそろそろ下りていく

岩梯子

荒地山の岩稜帯の全体像

芦屋ロックガーデンの登山口

2011/05/14

雨上がりと命の目覚め

雨上がりの庭は、必ず変化がある。

先週、空いたプランターに、
二十日大根、春菊、小松菜の種をまいておいたら、
雨上がりとともに一斉に発芽。

古い種だったので、半分、あきらめていたが、
植物の生命力はたいしたもの。

コデマリの花がそろそろ終わりで、
そのかわりにアジサイが花芽を出している。


春菊


小松菜

毎シーズン、蝶の通り道になっていて、
一日数回、アゲハが巡回。

うちの佐藤錦

ようやく五月晴れの朝。

小さな庭にある、小さな佐藤錦の実を収穫。
粒は小さいが、一応、初物。

尾長鳥が目ざとく実を狙っている。

2011/05/13

すっきりしない一日

台風が過ぎて、数日ぶりに陽が差した西宮。
しかし、日中は黄砂で空が真っ白に。
日照不足で、白ゴーヤの苗が一つ枯れてしまった。

若竹屋酒造場さんの「坐・無濾過生原酒」、
今夜は甘長とうがらしのソテー(料理は妻)でいただく。

食事は、定番のエビピラフのポトフ。



2011/05/12

福岡・久留米にある「若竹屋酒造場」

知る人ぞ知る蔵元の若竹屋酒造場
福岡県久留米市の郊外に蔵を構える造り酒屋だ。


創業は1699(元禄12)年とのこと。 
江戸は徳川綱吉将軍の時代。
創業の3年後に赤穂浪士の討ち入りがあった。

ちなみに、かつお節メーカーとして有名な「にんべん」も
同じ元禄12年の創業だ。

現在、若竹屋のお酒のコアなファン層は、
30歳代の独身女性とのこと。
なるほど時代は大きく変わっている。

2011/05/11

熊本行きは初めて

よりによって、今年初の台風が接近する中、
九州に出張。

新幹線「さくら」で、熊本に向かったところ、
大雨の影響で、広島の手前で臨時停車。
結局、約一時間の遅れで熊本駅に到着。

それにしても「さくら」は快適。
指定席は二列、二列の座席レイアウトで、
東海道新幹線のグリーン車仕様に近い。
また、車両がN700系なので、
窓側の席に電源コンセントがついていて、
パソコンを使って仕事ができる。

今日の熊本は蒸し暑い。
時折、雨がぱらつく。

仕事が終わって後、
熊本城を見に行く。
城内の見学は夕方五時半までとのことだったが、
周辺から天守閣などを眺めることができた。

新幹線開通にともない改装された熊本駅。
熊本のゆるきゃら「くまもん」。


熊本城。石垣が立派。

お城に隣接されている加藤神社。

2011/05/07

本日の夕食

夕食のメニューは、エビとアサリのトマト・クリーム・パスタ、
白ワインでつくる即席マリネ、サラダ、フライドポテト。

エビとアサリのパスタ。
白ワインでつくる即席マリネ。

ジャガイモはあらかじめシリコンスチーマーで
蒸してからフライドポテトに。

2011/05/05

シリコンスチーマーを試してみる

昨夜、金沢から渋滞路を走ってきて、グッタリ。

夕食用に
シリコンスチーマーというもので、
蒸し料理を試してみる。

鯛とチンゲンサイ、エノキダケ、白ねぎの蒸し物。

白ねぎとチンゲンサイの芯を底に敷いて、
鯛とエノキダケ、チンゲンサイの葉を並べる。
軽く酒を振って、フタをしてから電子レンジ(強)で3分。

それから合わせ調味料(砂糖、しょう油)を振りかけて、
さらに電子レンジ(中)で8分。

仕上げに熱したごま油を振りかける。

加熱の途中。



2011/05/04

金沢 高尾城趾に早朝登山

黄砂で街中が白くかすんでいる金沢市内。

前日に3家族8人が集まって、
義父の納骨を済ますことができた。

今朝6時前に宿泊先で目が覚めて、
ジョギングの格好で外に出る。
気温は14℃とやや低め。
夏用のウエアでは肌寒い。

近くに山があるので、上をめざして走っていく。
あれこれ迷っているうちに
「見晴らし展望台」の看板を見つけて、
階段を上る。

標高180メートルぐらいのところに
「高尾(たこう、たかお)城趾」を発見。
ここから金沢市内を一望することができた。

通常の観光ではまず立ち寄ることのない場所。
中世のころ、富樫という豪族の出城だったといった説明が出ていた。
さらに山に分け入っていけば、
居城跡などがあるらしいが、
様子が分からず、いったん宿に戻る。

朝食後、妻が展望台に行きたいと言うので、
今度はカメラ持参で再び展望台へ。

偶然とはいえ、金沢の隠れた名所を発見できた。


より大きな地図で 高尾城趾 を表示





金沢駅方面。






2011/05/01

武庫川沿い、往復9キロ

夕方近くまで雨。
農作も区にとっては日照不足か。

夕方5時近くから武庫川沿いへ。
今日は風がなく、走りやすい。

しかし、3キロも進まないうちに、
左ふくらはぎが痛くなり、仕方なく歩きに。

宝塚市役所前で折り返して、
往復9キロ。