2011/07/02

一年ぶりに武奈ヶ岳、登頂

前日、ふとした気まぐれで、
takuさんと滋賀県の武奈ヶ岳へ。

昨年の早春以来、下記のコースをたどった。
イン谷口→大山口→青ガレ→金糞峠→中峠→
ワサビ峠→西南稜→武奈ヶ岳→イブルキノコバ→
八雲ケ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

朝5時半過ぎに自宅を車で出発して、
6時過ぎにtakuさんを迎えてから名神にのる。

登山口の「イン谷口」に着いたのは、8時過ぎ。
風がなく、湿度が高い。
ザックを背負って歩き出すと、
たちまち汗が出てくる。

金糞滝で休憩と給水してから青ガレへ。
ここは以前から崩落の危険があり、
通過には細心の注意が必要。
特に青ガレ上の左斜面は崩れやすくなっていて危険。

金糞峠で休憩してから、芦生杉が茂るヨキトウゲ谷を下りていく。
ここはさわやかで快適に歩けるコース。
しかし、その後、中峠に至る登りは案外つらい。

中峠からワサビ峠へは、カエデの林を通り、
いったん谷に下りて、
そこからきつい傾斜を登る。

谷に下りきる直前、何のつもりか、
樹木に右(北)に誘導する、赤ペンキで大書きされた矢印。
この通りに進むと、谷の上流に向かってしまい、道に迷いかねない。
(口ノ深谷を遡上して、武奈ヶ岳に向かうルートがあるのかもしれないが、
一般登山者がたどるのは極めて危険)

案の定、前を行く二つのパーティが谷沿いに右(真北)に進んで、
道を見失い、右往左往していた。
(途中まで、それらしい踏み跡ができていて、迷うもとに)

正規のルートは、左方向(北西方向)の矢印であるので要注意。
(谷に下る途中、注意していると、左右二つの赤矢印が見える)
そして、谷に下りたら、正規の案内表示を必ず確認して、
ワサビ峠に通じる斜面を登っていくこと。
もし右方向に進んで先が分からなくなったら、必ず元の道を戻るべき。
あせって沢沿いを下っていくと、
来た道も見失いかねず、たいへん危険。
(本来、迷うような場所ではないのだが、おかしな表示があるものだ)

ワサビ峠で一息ついてから、武奈ヶ岳の山頂をめざして
西南稜をゆっくりと登っていく。
ヤマボウシらしき白い花が尾根沿いに点在している。
ここの眺めはいつも素晴らしい。

武奈ヶ岳の山頂から、イブルキノコバを経て、八雲ケ原へ。
コアジサイが群生していて、ちょうど花のシーズン。
しかし、道がだいぶ荒れている印象。

午後1時過ぎに八雲ケ原に到着。
ここで昼食の準備。
白飯に缶詰め2種類、カップヌードル。
飯は火が強すぎて、強飯になってしまったので、
再度、水を足して、火にかけるお粗末。

食後にtakuさんのコーヒーを楽しんで、
結局、1時間半ほどくつろいだ。
途中、泊まり山行らしい若者のパーティが数組やってきた。

食事中、数頭のシカが姿を現し、こちらの様子をうかがっている。
六甲山のイノシシと同様、人を恐れる感じではない。
昨年の春も見かけたから、棲みついているのだろう。
(昔は、武奈ヶ岳一帯でシカを見ることはなかったが)

八雲ケ原一帯では、研究者らしき一団が昆虫採集?
なんでも八雲ケ原の自然回復に努めているという。
四半世紀前からこの場所を見てきた者からすると、
それほど変わったふうには見えない。
元に戻すには、おそらく百年単位の時間が必要だろう。

下りは北比良峠からダケ道のコース。
登山路の荒れは下りでも感じた。
(まあ、これが自然なのだが…)
旧道が崩落して、新道と混在しているところが見られた。
テープをトレースしていけば、特に問題ないはずだが、
雨上がりの増水時はうっかりすると、
正規の道を見失いかねないので要注意。

ようやく大山口に戻り、イン谷口に着いたのは4時過ぎ。
暑さにやられて疲れたものの、
下山すると不思議と気分爽快になる。
登山とはおかしななものだ。


なお、武奈ヶ岳は相変わらず素晴らしい山だが、
かつてほど道が整備されていない点に注意したい。
昔のようにハイキング感覚で登ってくると、
とんでもないことになりかねない。
地理に不案内な人は、必ず経験者とともに入山すること。
また、以前、歩いたことがあっても、
ルートの状況が大きく変わっていると思った方がよい。
当たり前だが、地図と磁石は必携。
六甲山でも大きな問題になったが、
赤ペンキの矢印を過信せず、正規の案内板をたよりにして、
要所要所は地図上で確認することが大切だ。
そして、迷ったら引き返すのが鉄則。
武奈ヶ岳に限らず、比良山系は
「簡単な登山路」と、なめてかからない方がいい。

※上記の情報は2011年7月2日時点のもの。
山中の状況は刻々と変わるので、
登山時は最新の地図等で情報を再確認してほしい。

青ガレ下の金糞滝。梅雨時で水量は豊富

青ガレ。崩落にくれぐれも注意

急斜面を登るtakuさん。

ヤマボウシ。

コアジサイ。

西南稜の樹木。風雪の影響で歪曲

ヤマツツジ。シーズンは終わりかけ

尾根の所々でササユリの花。

マルバコウツギ。

西南稜から眺めた京都北山。

武奈ヶ岳の山頂につづく西南稜。何度歩いてもあきない

ニガナ。

山頂で咲くアザミ。

武奈ヶ岳の山頂。そこそこの数の登山者が昼食中

自然界回復中の湿原。それらしくなるには数世紀かかる?

湿原の杭で日なたぼっこのモリアオガエル。
素晴らしい発色の黄緑色。
照りつける太陽の光で光合成しているかのような…




北比良峠から見下ろした琵琶湖。

4 件のコメント:

EO さんのコメント...

遠征オツカレサマでした。
お疲れのところ早速の山行記録、頭が下がります。

武奈ヶ岳もルートが荒れているのでしょうか?
*青ガレを登る勇者・強者も少ないですが(笑)
確かに金糞峠とスキー場周辺はちょっと迷いそうな雰囲気ですものね。

?マーク
ハチが止まって蜜を吸っているのはウツギ属のマルバコウツギ
っぽい花ですが、時期がちょっと合ってないので自信ありません。

?マーク
下の黄色い花は、たぶんニガナで間違いないと思います。

連日この陽気だと、頂上稜線から降りたく無くなったでしょ^^

kawata さんのコメント...

EOさん、おはようございます。
ごぶさたです。

昨日の筋肉痛と日焼けで、全身だるいです…。

武奈ヶ岳のルート、荒れてますね。
かつての「銀座通り」も危険がいっぱいでした。
もっとも、それが自然なのだと思いますが。

植物の情報をありがとうございます。
さっそく反映させます。

akiho さんのコメント...

突然すいません。その日、その時間に八雲ヶ原で1時間半ほどいらっしゃったお二人組となると、なんとなく心当たりが…(笑)
ワタシは石のテーブル脇にテントをはって、その後、周辺の掃除にまわっていました。
ひょっとしたらその時、ご説明したかもしれませんが、比良山中で(びわ湖バレイを除けば)最も人がたくさん来られるその武奈、コヤマノ岳近辺は、それまで事実上の管理者であった比良索道(株)が撤退して後、色々な意味で手薄となっています。というより管理真空状態と言ってもいいかもしれません。登山道にしても、整備は地権者さんや県や警察ではなく、事実上わずか4~5名のボランティアさんが個人としてなさざるをえないに近い状態となっており(個人の自費で、自力で資材も持ってあがっています)、それであの広大な地域はさすがにカバーしきれず、大変ご苦労なさっておられます。
これもお会いしていたとしたら、ひょっとしたら申し上げたかもしれませんが、色々な意味で人と自然の関係の難しさを実感できる場所ですね。

kawata さんのコメント...

akiho様、コメントをありがとうございます。
よくお分かりになりましたね!

その節は好き勝手なことを言って、失礼しました。

比良は20年以上前から、おおよそ年に一度のペースで訪れています。
スキー場がなくなったのは知っていましたが、
原状回復に向けた努力を続けられているというのは知りませんでした。
(おそらく登山者の多くが知らない?)

数名の方がボランティアで復旧をされていらっしゃるとのこと。頭が下がります。

比良にはこれまでずいぶんとお世話になっているので、
個人レベルで何かお役に立つことがあれば、
と思います。
(といっても、ユンボの運転はできないし…、
上への荷物持ちとか、雑用ぐらい?)

場合によっては、
SNSでボランティアへの参加を呼びかける
というのも手かもしれません。
(ただし、場所が場所だけに不特定多数に呼びかけるのは
安全面とかいろいろと問題があるかもしれませんね)

例えば、登山のついでに
30分だけお手伝いをするとか、
何か物資を持って上がるとか、
いろいろと協力する方法もあると思います。

比良に愛着をもっている方は少なくないと思うので、
各自ができる範囲で自然回復に協力できれば、いいですね。

また、情報をお伝えいただければ、幸いです。

よろしくお願いいたします。